1. ホーム
  2. 海外映画
  3. ≫search(サーチ)のあらすじ・ネタバレ!全く読めない展開!!

search(サーチ)のあらすじ・ネタバレ!全く読めない展開!!


(出典元:1990-2019 IMDb.com, Inc.)

今やSNSを全くやっていない人、特に若い世代ではそういった人は少ないですよね。

Instagram、Facebook、LINEなどなど、いくつものソーシャルネットワークサービスが存在しています。

今回ご紹介する映画は、そのSNSを駆使(?)してストーリーが展開するという、これまでになかったタイプのサスペンス映画「search(サーチ)」です。

ではさっそく、あらすじなどを見ていきましょう。

無料トライアル!もらえるポイント利用で無料で視聴できる
U-NEXTの無料お試しで視聴する ※U-NEXTは動画の他にコミックや雑誌も楽しめます。(31日間の無料期間あり)

U-NEXTを利用するメリット
  • 登録から31日間無料で利用できる
  • 登録時に600円分のポイント付与
  • 毎月1,200円分のポイント付与
  • 書籍や漫画が34万冊以上読み放題
  • 雑誌が70誌以上読み放題
  • 動画8万本見放題
映画を見たい人におすすめの動画配信サービスはこちら

<予告>

スポンサーリンク

searchのあらすじと登場人物(キャスト)


(出典元:1990-2019 IMDb.com, Inc.)

デビッド・キムは、娘のマーゴットと二人暮らし。以前は美しい妻・パメラがいましたが、病ですでに亡くなっています。

ピアノが好きだった妻と同じく、娘もピアノを習い、将来は音楽の道へ進むと決めて日々勉強中でした。

親子の会話はSNSのメッセンジャーなどを利用し、頻繁に連絡も取りあう仲の良い父と娘でしたが、最近はマーゴットとの間に距離を感じる父。

そんなある日、友達の家に泊まると言っていたマーゴットに連絡をしても、なぜか連絡がつきません。ふとテーブルを見ると、持っていくはずのパソコンがそのままに。

しかも前夜、マーゴットから不在着信が3件も入っていました。

何かがおかしいと不安に感じたデビッドは、ピアノのレッスン中だと思いなおし、ピアノ教室へ電話します。すると、マーゴットは半年前に教室を辞めていました。

にもかかわらず、毎週月謝の100ドルを受け取っていたのです。

その後、弟のピーターに相談すると、「親に内緒で遊ぶことはある」と言われ、マーゴットのSNSを調べてある幼馴染にたどり着きます。

しかしそこで聞かされたのは、「本当はキャンプに来るはずだったのに、マーゴットは来なかった」という事実でした。


(出典元:1990-2019 IMDb.com, Inc.)

警察に捜査を依頼したデビッドは、担当刑事のローズマリー刑事とともにSNSからマーゴット失踪の手かがりを探りますが、その中で「fish_n_chips(フィッシュ&チップス)」というアカウントの女性と頻繁にやり取りをしていることを突き止めます。

彼女の母親が闘病中ということも、母を亡くしたマーゴットと親しくなったきっかけに思え、ローズマリー刑事もさっそくアカウントを辿って本人と接触しますが、本人はその日ウェイトレスの仕事をしていてアリバイもあり、なおかつマーゴット失踪には関係してないとローズマリー刑事は話します。

受け取っていたピアノの月謝は半年で2500ドルになっており、しかもそれは失踪直前にどこかへ送金されていたのです。


(出典元:1990-2019 IMDb.com, Inc.)

振出しに戻った捜査でしたが、ふと、マーゴットが頻繁に訪れていたバルボサ湖にいるのでは?という直感からデビッドが湖へ向かうと、そこにはマーゴットのキーホルダーがあり、警察が湖を探すと車が発見されました。

しかし、車内にマーゴットの姿はなく、その頃からテレビなどを通じてマーゴット失踪が大きく取り上げられ始めます。

しかし、SNS上ではマーゴット失踪を面白がったり、嘘の情報を吹聴したり、マーゴット失踪を利用して自らの投稿へのいいね数を稼ごうとする若者が続出、さらには必死で訴える父・デビッドにも心無い言葉が発せられるようになります。

万策尽きたかに思われたとき、現場写真の車に見覚えのある上着があることに気づきます。その上着は、弟・ピーターの上着でした・・・

無料トライアル!もらえるポイント利用で無料で視聴できる
U-NEXTの無料お試しで視聴する ※U-NEXTは動画の他にコミックや雑誌も楽しめます。(31日間の無料期間あり)

search(サーチ)のネタバレ・見どころ

ここからはストーリーのカギとなるポイントや豪快なネタバレが含まれますのでご注意ください。

時代を反映したストーリー


(出典元:1990-2019 IMDb.com, Inc.)

この作品のほかと違うところは、全てがパソコンや携帯などの画面上で展開していくところです。

冒頭、在りし日の妻・パメラを含む家族のそれまでの幸せな日々が映し出されますが、それもパソコン上でクリックしては編集したり、といった構成で、ひたすらパソコン画面を見ているような作りになっています。

また、事件を探るために何の手掛かりもないところからSNSを通じてどんどん驚きの事実が明らかになっていく。

しかも、ペネロープに頼まなくても自力で探れる、という、微妙なセキュリティの甘さもうまく表現されています。

たとえば、マーゴットのアカウントに入るためのパスワードをゲットするために別のツールから入って見つける(パスワードが解らなくても、メールアドレスと誕生日が解っていれば再設定できるとか)という原始的な方法がとられていたり、履歴から一番利用頻度の高いSNSを見つけたり、とにかく勉強になります(笑)。

と同時に、セキュリティはしっかりしておかないとなぁと思うことも。常にログアウトは必須ですね。

登場人物が多くない


(出典元:1990-2019 IMDb.com, Inc.)

主要な人物はデビッドとマーゴットの親子、弟のピーター、ローズマリー刑事です。

あとはその都度、関係があるのではないかと思わせるような人物が入れ替わり立ち替わり出てはきますが、基本的に「あ、この人は無関係だな」と思える仕上がりになっているので、人物相関図がややこしくてわかりにくいということはありません。

しかし、少ない分、「ではこの中の誰かが犯人なのでは…?」という予想もついてしまいます。

が、しかし!この映画の凄いところは、そう思わせておいて、実際そうだったんだけども、「まさかこの人!?」という展開になっていくのです。

正直、全く予想できませんでした。。。

父と娘、そして妻、母のそれぞれの思い


(出典元:1990-2019 IMDb.com, Inc.)

マーゴットが失踪して以降、デビッドはマーゴットの本当の姿を知ることになります。

どこの親でもそうですが、子供達は学校でも友達がいて、うまくやっていると思っています。何も言わない明るい子ほど、親はそう思い込んでいる節がありますよね。

デビッドも、SNSを探ると出てくる多くの友人たちに話を聞きますが、なんとマーゴットには友達と呼べる人がいませんでした。

みんな、形だけのSNS上で友達になっているだけで、一緒に勉強するほど仲が良いと思っていた女友達は、マーゴットは頭がいいから単に利用していただけでした。


(出典元:1990-2019 IMDb.com, Inc.)

キャンプに行く予定だった幼馴染も、実はマーゴットとそんなに親しかったわけではなく、母親を失った「かわいそうな女の子」だからと親に言われていただけでした。

デビッドは娘がいなくなったことに加え、明るく振舞いながらも寂しい学校生活を送っていたマーゴットの思いに気づき、いたたまれなくなります。

さらに、ピアノを辞めた理由も、パメラが亡くなってからのデビッドの態度が原因でした。デビッドはマーゴットにパメラの話をしなくなりました。それをマーゴットは、母を思い出すと父が悲しむと思って、母を思い出させるピアノをやめたのでした。

そんな娘の心に気づかなかったデビッドの心情も見どころの一つです。

ネット上の悪意はどこの国も同じ


(出典元:1990-2019 IMDb.com, Inc.)

日本でも、話題の人に対して心無い書き込みを行う人が少なからずいます。匿名だとなおさらですね。

アメリカでも同じ、というかもっと深刻と言ってもいいのかもしれません。

映画の中でも、最初は娘を探すデビッドに同情的だったのが、次第にデビッドを揶揄するような書き込みが出てきます。いい父親を演じたいだけじゃないのか、本当はお前が犯人なんじゃないか、などなど。

デビッドもその書き込みに翻弄され、目立ちたいがために、マーゴットの居場所を知っているという書き込みをした少年に会いに行き、嘘だとわかって暴行を働いてさらに炎上してしまいます。

そんな中、ローズマリー刑事は冷静にデビッドを諭し、自分自身の子育ての失敗談などを聞かせます。どこにも完ぺきな親、親子なんていない、そういわれて、デビッドも落ち着きを取り戻すのですが…

文字による演出の効果


(出典元:1990-2019 IMDb.com, Inc.)

パソコンやスマホ上での情報収集がメインとなるので、当然連絡手段もSkypeやfacetime、スマホのメッセージ機能などが多用されます。
この、文字による効果は絶大だと証明した映画でもあるんですね。

たとえば、ストーリーの終盤、弟ピーターが失踪に関与していると疑ったデビッドが問い詰めてケンカになって、その後やさぐれるというシーンがあるのですが、その際にデビッドのスマホの画面が映し出されます。

そこにはローズマリー刑事からの「犯人逮捕」のメッセージ。すごい重要な展開なのに、くたびれているデビッドは全く無視。その間も何通もメッセージが届きます。

見ている人間は、「早く!早く!」という気持ちになるのですが、本人は気づかない。これが例えば電話の着信音だけなら何が起こっているのかの説明がないとわかりませんね。

文字で映しこめば、それだけで事態の把握が可能という当たり前のことですが、それが非常に功を奏した演出になっているといえます。

さらに、デビッドが見ているパソコン画面上に、「森で9日間遭難していた男性が生きていた!」というニュースが映し出されています。

これには大変深い意味があり、デビッドも何の気なしにこの記事を目にしていたということがラストのラストでわかります!

完全ネタバレ、怒涛の展開!ラストに待ち受ける衝撃


(出典元 1990-2019 IMDb.com, Inc.)

こちらは完全ネタバレです。

あらすじに記したとおり、デビッドは失踪直前にマーゴットが叔父であるピーターとなんらかの接触を持っていたことを突き止めます。

しかしピーターは何も言っていませんでした。そこでデビッドは、メッセージでピーターとのやり取りを確認すると、そこにはなにやら禁断の関係をにおわすような文章が・・・

誰もが嘘だろーー!!と思ったでしょう。まさかの性的虐待、というか合意の上で父親の弟と関係を持ったのか?と。

大丈夫です、ピーターは無実でした。観念したピーターから教えられたのは、何回かマリファナを教えたことがあったということで、メッセージ上のやりとりもその件についてでした。マリファナもあれですけど、「なんだマリファナか」とみていた人全員が思ったはずです。

この時点で怪しい人がまたいなくなり、犯人は誰だと思いつつも犯人によるマーゴット殺害の自白映像が発見され、そしてその後犯人は自殺という結末で終わるかに思われました。


(出典元:1990-2019 IMDb.com, Inc.)

失意のデビッドは、せめてお葬式はきちんとしてやろうと、セレモニー会社のサイトを開きます。すると、あれ、なんか見覚えのある女性の顔…

そこには、喪服でほほ笑む女性モデルが映し出されたのですが、その女性は、あのfish_n_chips(フィッシュ&チップス)その人だったのです。

ウェイトレスじゃなかったの?こんがらがったデビッドが画像検索で女性の顔をsearchすると、そこには同じ女性のさまざまな写真がありました。彼女は素材用のモデルだったのです。誰かが、彼女に成りすましてアーゴットに接近していたのです。


(出典元:1990-2019 IMDb.com, Inc.)

ここで大きな疑問が。ウェイトレスである彼女に会って、アリバイを確認してきたとローズマリー刑事は言いました。

ローズマリー刑事は誰に会ったのか?不信を抱いたデビッドがローズマリー刑事に電話すると、代理の人が出てこう言います。「ローズマリー刑事は自らこの事件の担当を買って出た」と。

彼女はデビッドに対し、「嫌な事件だけれど任命された」と話していました。しかし、本当は自ら名乗り出たのです。

担当刑事になれば、証拠を探ることも消すことも、なんだってできます。そして事実、彼女はマーゴットは自ら失踪したのでは、ということをデビッドに納得させようともしていました。

しかも、犯行を自白して自殺したとされた男は、ローズマリー刑事が過去にかかわった性犯罪者の一人でした。

今になって思い起こされる数々の不審な点。ローズマリー刑事は逮捕されました。


(出典元:1990-2019 IMDb.com, Inc.)

・・・。
しかし疑問は残ります。なぜローズマリー刑事はマーゴットの捜査をかく乱する必要があったのか。

それは、彼女の息子の問題でした。息子はネット上でマーゴットを見つけ、彼女に接触を試みました。しかし、無碍にされたことで彼女を思わず突き飛ばし、マーゴットは谷に転落したというのです。

ローズマリー刑事はそれを知り、すぐさま担当刑事に名乗りを上げて捜査をかく乱し、息子に容疑がかからないよう仕組んでいたのでした。

全ての謎が解き明かされ、失踪から5日も経過した今となっては、マーゴットは死亡しているだろうとローズマリー刑事は言いましたが・・・

無料トライアル!もらえるポイント利用で無料で視聴できる
U-NEXTの無料お試しで視聴する ※U-NEXTは動画の他にコミックや雑誌も楽しめます。(31日間の無料期間あり)

search(サーチ)を視聴できる動画配信サービス


(出典元 1990-2019 IMDb.com, Inc.)

マーゴットの結末については、ここでは触れません。ローズマリー刑事の告白に仰天し、その余韻冷めやらぬうちにもう一つ大きな展開が待ち受けています。

それについては、ぜひ本編を鑑賞してください。絶対損はないですよ。ここまでネタバレしてても、見れば「面白かった!」と思えます。

現代社会だからこそのSNSを駆使したストーリーは店舗も良く、また、様々なツールや検索の仕方など勉強になるシーンも多かったです。

サスペンススリラー的な位置づけではありますが、見ようによっては親子の在り方を問う物語とも言えます。デビッドとマーゴット、そしてローズマリー刑事親子。どちらも、子を思う親の姿です。正しいとか正しくないは別として。

ぜひPCで動画配信で楽しんでください!楽しさ倍増です。

無料トライアル!もらえるポイント利用で無料で視聴できる
U-NEXTの無料お試しで視聴する ※U-NEXTは動画の他にコミックや雑誌も楽しめます。(31日間の無料期間あり)

U-NEXTを利用するメリット
  • 登録から31日間無料で利用できる
  • 登録時に600円分のポイント付与
  • 毎月1,200円分のポイント付与
  • 書籍や漫画が34万冊以上読み放題
  • 雑誌が70誌以上読み放題
  • 動画8万本見放題
映画を見たい人におすすめの動画配信サービスはこちら
スポンサーリンク

シェアをお願いします。