動画配信サービス どれがいい?定額の見放題を比較!おすすめは?

レンタルショップで借りて見るのが定番だった、映画やドラマ、アニメ。

今は動画配信サービスのおかげで、ネットで見るのが主流になってきています。

私自身、家に引きこもって好きな映画や海外ドラマを見るのが休日の過ごし方の定番なので、動画見放題のサービスにはかなりのメリットを感じます。

定額の月額料金を支払うだけで、さまざまな動画が見放題なので、レンタルよりお得に多くのコンテンツを楽しむことができるんですよね。

動画配信サービスは金銭的にお得なのはもちろんのこと、レンタル&返却のために、お店まで足を運ぶ手間が省けるのもメリットです。

スポンサーリンク

人気の動画配信ランキング

ひと言に動画配信サービスといっても本当にいろいろあるので、どのサービスがいいのか?迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

サービスごとに配信されているコンテンツ量や得意とするジャンルが違っていたり、新作は課金しないと見れない場合もあります。
なので、単純に料金だけで決めてしまうのはNGです。

各サービスの料金形態や特徴、メリット・デメリットを踏まえて徹底的に比較していきましょう。

見たい動画が配信されているか?

月額料金だけで決めるのはナンセンスです。

いくら安くても見たい映画やドラマが配信されていなければ意味がありませんよね。

  • 映画・ドラマ・アニメ・スポーツ・バラエティーなど何が見たいのか?
  • それらを見ることができるサービスはどれか?
  • 対象となるサービスの中でお得なのはどれか?

まずは「何を見たいのか?」というところでサービスを選ぶのが基本です。

よくあるランキングサイトでおすすめ!と書かれている動画配信サービスが必ずしも自分に適しているとは限りません。

自分が見たい動画を視聴できるサービスを、予算に合わせて選ぶのがポイントです。

2週間~1ヶ月、無料でお試し視聴期間を設けているサービスがほとんどなので、迷ったらとりあえず複数契約してみて、無料期間をフル活用し、実体験をもって比較してみるのもいいでしょう。

サービスを利用するメリット

月額固定料を支払えば、好きな動画が見放題であるという点が最大のメリットです。

毎月、かなりの数DVDレンタルされている方の場合は圧倒的に動画配信を利用する方が安く済むでしょう。

また、レンタルや返却に行く手間が省けて、外出せず自宅で楽しめるのもメリットですよね。

デメリット

あまり見る機会がないから、動画配信サービスを利用するのはかえって損かも!?と言う方もいらっしゃるかもしれませんね。

確かにDVDレンタルしてまで映画やドラマをコンスタントに見ない方にとっては、お得感はないかもしれません。

ただ(サービスによって月額料が違うので一概には言えないのですが)毎月新作映画を2~3本見る場合は、レンタルするよりも動画配信の方がお得です。

最近では、dTVなど月額500円で利用できるサービスもあり、通勤途中の暇つぶしに視聴するために契約されている方も多いみたいですよ。

その他にデメリットとして挙げられるのは、月額料の引き落としにクレジットカードが必要なサービスがあるという点です。

クレジットカードを既に持っている方の場合はデメリットにはなりませんが、何らかの理由でカードが作れない方にとっては不便に感じてしまうサービスもあるかもしれません。

DVDレンタルと比較!料金はどれくらい違うの?

では実際にDVDレンタルする場合と比較して料金がどれくらい違うのか?みていきましょう。

旧作、新作とに分けて考えてみます。

各サービスの料金形態

動画配信サービスの利用料金は大きく分けて2種類あります。

  • 月額固定(定額)で見放題
  • コンテンツごとに課金して、一定期間視聴できるPPV方式

固定料を支払わず、見たいコンテンツだけ課金して見ることができるのか?というと答えはNOです。
PPV方式だけ採用しているサービスはありません。

いずれのサービスも「月額固定見放題」もしくは「見放題+PPV方式」のいずれかです。

また、月額固定の見放題だけでは、新作を見ることができません。
新作を見るためには、PPV方式で課金する必要があります。

以下より、順番に各サービスの特徴を見ていきましょう。

たくさん見るならU-NEXT

普段からレンタルでDVDをたくさん借りて見る方なら断然U-NEXTがおすすめです。

U-NEXTの最大のメリットは新作をいち早く見ることができる点です。

レンタルショップと同時期、もしくはそれよりも早く新作映画が配信されます。

また、コンテンツのジャンルが幅広く、子どもから大人まで家族みんなで楽しむことができるのも魅力です。

HuluやdTVはアカウントが1つに対して、U-NEXTはアカウントが4つ持てます。
1人ではなく複数人が別々の環境でログインして使えるのはお得感ありますよね。

4人別々のIDやパスワードが持てるので、他のメンバーの履歴を閲覧できないシステムになっています。
プライバシーも守られるから安心ですね。

月額料は1,990円。他の動画配信サービスよりも高い料金設定ですが、実はこの中の1,000ポイント分は新作の視聴料(他サービスでは有料となる)として充当されます。

新作視聴分がなくなっても、その他のコンテンツはもちろん課金なしで見放題です。

U-NEXTは1ヶ月のお試し無料期間が設けられています。

お試し期間中も、新作視聴に使える600ポイントがついてくるので、まずは無料期間だけ試しに視聴してみる!というのもおすすめです。

U-NEXTの詳細はこちら
U-NEXTの公式サイトはこちら

海外ドラマ・国内ドラマ・アニメを見るならHulu

海外ドラマや洋画を中心に楽しみたいならHuluがおすすめです。

海外ドラマのコンテンツ量はどこよりも多く、配信スタートもどこよりも早いのが特徴です。

また、海外作品だけでなく、日本でサービスが始まって以来、国内ドラマやアニメの配信も充実しています。

配信されているコンテンツ全てを追加料金なしで視聴できるのもHuluのメリットです。

ただし、追加料金がかからないのは、見方を変えるとデメリットでもあります。

というのも、U-NEXTやdTVは課金することで新作をいち早くチェックできますが、Huluは新作が配信されるのがどこよりも遅く、新作が早く見たいのに見れないという状況にもなり兼ねないからです。

月額料は933円で全て見放題。
新作をいち早くチェックしたい方には物足りないかもしれません。

しかし、コンテンツ量がどこよりも豊富なので、コスパ重視で料金を気にせず、思い切り動画を楽しみたい方にはおすすめです。

Huluは2週間のお試し期間がありますので、他サービスと迷っている方も、まずはお試しされてみてもいいかもしれませんね。

Huluの詳細はこちら
Huluの公式サイトはこちら

コスパで選ぶならdTV

ワンコイン500円で動画見放題のdTV

あまりお金を掛けたくないけれど、動画を楽しみたい方には無理のない料金設定ですよね。

海外映画や韓流ドラマ、国内ドラマやバラエティーなど、あらゆるジャンルの配信があります。

さすがに500円だけあって、新作映画や新作ドラマは課金しないと見れないのですが、過去作品が豊富なので、通勤途中の暇つぶし等に利用される場合には、無料の範囲内で充分に楽しめるサービスです。

新作を見たい方は映画1本400円、ドラマ1話200円の課金で視聴できます。

コスパ重視!新作はたまにしか見ない、もしくは配信されてから楽しめればOK!という方にはdTVもおすすめです。

こちらも31日間の無料お試し期間があります。

dTVの詳細はこちら
dTVの公式サイトはこちら

Amazonをよく使うならAmazonプライムビデオがお得

Amazonプライム会員の特典の一つとして利用できる動画配信サービスです。

2015年9月にスタートした比較的新しいサービスですが、なんといっても料金が安いというのが強みです。

料金は月額325円。
Amazonの配送料が無料、プライムミュージックの音楽が聴き放題など、その他の特典もあり。

コンテンツ量が極端に少ない訳ではありませんが、海外映画の配信が少ないため映画を楽しみたい場合は、少し不満を感じてしまうかもしれません。

あくまでAmazonプライム会員の付帯的なサービスとして利用するのが良いでしょう。
思いきり動画を満喫したい方は、その他のサービスがおすすめです。

動画に限らず、Amazonプライム会員の特典を受けたいがために、他の動画配信サービスと併用されている方も多いみたいですよ。

今なら30日間無料期間があるので、会員でない方も、この機会にお試ししてみてもいいかもしれません。

Amazonプライムビデオの詳細はこちら
Amazonプライムビデオの公式サイトはこちら

フジテレビの番組を見るならFOD(フジテレビオンデマンド)

他社の動画配信サービスに動画を提供していないフジテレビ。

フジテレビで放送された過去のドラマやバラエティーが気になってもFODに契約していないと見ることができません。

DVD化されていない作品もいくつかあるので、そういったものが見たい場合はFODが必須です。

キャリア決済の他、Yahoo!や楽天IDでの契約も可能なので、わざわざ支払い用にクレジットカードを登録する必要もありません。

月額料金は888円ですが、毎月1200ポイントが付与され、有料の作品に充当することができます。

フジテレビの番組で絶対に見たい作品が配信されているなら、契約しておいて損はないでしょう。

FODの詳細はこちら
FODの公式サイトはこちら

新作をいち早くチェックしたいならTSUTAYATV

TSUTAYATVが他のサービスと違うのは宅配レンタルとの合わせプランがあるところです。

なんといっても新作が早いのはレンタルです。
おすすめは旧作見放題がつく定額レンタル8のプランです。

見放題の動画配信を楽しみながら、配信されていない作品や新作はレンタルで!というのが上手な使い方です。

また、ホラー映画が好きな方にもTSUTAYATVがおすすめですよ。
他サービスでは配信されていない作品も多く、タイトル数も豊富です。

TSUTAYATVの詳細はこちら
TSUTAYATVの公式サイトはこちら

映画(邦画・洋画)を見たい人におすすめの動画配信サービス比較ランキング

31日間の無料期間あり!最大4人まで同時視聴OK
U-NEXT
月額料金1,990円
無料期間31日間
配信数12万以上
U-NEXT

全てが見放題のHuluとどちらが良いか、という具合ですが、タイトルの多さ、ラインナップの豊富さで、PPV扱いのものがあるとしても映画を見るならU-NEXTがベストでしょう。

古い作品から新作まで、名だたるタイトルはほぼ網羅されています。特に洋画は、サイレント映画やモノクロ映画なども多く配信されており、Huluよりもかなり豊富です。

新作の配信についても、U-NEXTは早く、アニメやVシネマなど幅広く抑えていますので、思わぬ名作に出会えることもあります。
新作が早いのはWOWOWと言われていますが、ほとんど差がないのではないでしょうか。

また、U-NEXTはロマンポルノなどの昭和のエロティックな作品も配信されているのも特徴です。

Huluはアダルト色が強い作品は、たとえ日本の文化、名作であっても排除されています。運営会社の方針であるとは思いますが、作品として素晴らしいものも多いので、配信があるというのは大きなポイントです。

洋画、邦画を問わず映画をメインで視聴したい場合は、やはりU-NEXTが強いでしょう。

Hulu
2週間無料お試しあり!追加料金なしで見放題
Hulu
月額料金933円
無料期間2週間
配信数4万以上

Huluの強みは全てが見放題であるという点です。
その上で、映画のタイトル数が多いというのは非常に良いですね。邦画は古いものから新作まで、話題作はほぼ配信されています。

ただ、洋画についてですが、U-NEXTと比べて驚くほど見劣りします。往年の名作や人気シリーズなども配信されていないものがU-NEXTに比べて多いですね。

また、2が配信されているのに1がない、とか、続編が配信されていないといった不可解な配信状態もあるので、結局他の配信サービスと併用せざるを得ないといったこともあります。

カタログを見るように、配信タイトルの中から視聴対象を決めたいと思っている場合は、少し物足りないと感じるかもしれません。
しかし、月額980円で完全見放題というのは、やはりわかりやすいですし安いですよね。

dTV
月額500円で安い!
dTV
月額料金500円
無料期間31日間
配信数12万以上

配信タイトルは決して少なくありませんし、話題の作品なども多く配信されています。

それに、月額500円という激安価格を考えると、dTV一択では?と思われる方(特にドコモユーザー)も多いでしょう。

たしかにそうなんですが、dTVは完全見放題ではなく、話題作や人気の作品、新作などはほぼ、PPV扱いとなっていることは注意しておかなければなりません。

見放題のタイトルでも十分楽しめることは楽しめますが、U-NEXTやHuluと比べると映画(特に洋画)はコスパの面を考えても劣ってしまいます。

海外ドラマを見たい人におすすめの動画配信サービス比較ランキング

月額325円!Amazonプライム会員の特典あり
Amazonプライムビデオ
月額料金325円
無料期間30日間
配信数2,5000本
Amazonプライムビデオ

配信数、配信されているタイトル、そして価格を考えた場合、海外ドラマを見るならAmazonプライムがイチオシです。

Amazonプライムで会員特典(無料で見放題)として配信されている本数はおよそ460本ですが、そのタイトルが非常にツボを押さえているので、人気の作品が多いです。

Amazonでの購入傾向などのマーケティングがしっかりしているため、需要がわかっているのでしょうね。

WOWOWやAXN、ディーライフなどのテレビで放送されている海外ドラマにもいち早く反応しており、たとえばディーライフで放送中の人気法廷ドラマ、「グッドワイフ」などは人気であるにもかかわらず他の配信サービスでは取り扱いさえありませんが、Amazonプライムでは全てのシーズン見放題です。CSI科学捜査班」もフルシーズン見放題なのはAmazonプライムのみですね。

海外ドラマを楽しみたいなら、まずAmazonプライムをおすすめします!

dTV
月額500円で安い!
dTV
月額料金500円
無料期間31日間
配信数12万以上

料金の安さが魅力のdTVですが、海外ドラマも充実しています。

FOX配信なども行っており「BONES」等の大人気ドラマは、見逃し配信などを行っているのでほぼ最速で視聴できます。

人気タイトルについては、最新シーズンがPPV扱いになっているもの、見放題だけれども初期のシーズンの配信がないものなどがあるので、せっかく見たいタイトルがあっても拍子抜け(中にはシーズン1からすべてPPV扱いのものも!)ということもあるので注意が必要です。

見放題タイトルは他のサービスに比べると少なめの印象です。標準画質で200円(dポイント使用可)となっていますが、まとめて購入などの割引はありません。

月額の安さは魅力ですが、少しタイトルの偏り、見放題作品の少なさが気になりますね。

Hulu
2週間無料お試しあり!追加料金なしで見放題
Hulu
月額料金933円
無料期間2週間
配信数4万以上

映画(邦画)のラインナップが非常に充実していることで有名なHuluですが、海外ドラマについてはどうでしょうか?

実は、Huluは海外ドラマにも非常に強いと言われており、ユーザーの中にも「海外ドラマを見たい!」という理由で契約した人も多いです(実は私もです)。しかし、実際に良く見比べてみると、そうでもないんですよね。

というのも、約370タイトルに及ぶ海外ドラマ・TV番組の中で、海外ドラマはそんなに多くないのです。

しかも、見放題ではあるものの、最新シーズンがないというのは、中には物足りないと感じるユーザーもいます。

またその逆で、人気作品の初期シーズンがごっそり配信されていない!(たとえばBONESやLOW&ORDER 性犯罪特別捜査班など)というのは、せっかくの集客を逃す要因ではないかとすら感じます。

その他、U-NEXTは見放題作品があまりに少ない、TSUTAYA TVは動画配信対応の作品が少ないという致命的なことになっているため、海外ドラマをメインで見たい方にはおすすめできません。

Amazonプライムビデオは、Amazon会員の特典扱いですから、まずはいろいろとラインナップを見てみると良いですね。

国内ドラマを見たい人におすすめの動画配信サービス比較ランキング

2週間無料お試しあり!追加料金なしで見放題
Hulu
月額料金933円
無料期間2週間
配信数4万以上
Hulu

非常に豊富なラインナップが全て見放題ということで、国内ドラマはHuluで視聴するのがおすすめです!

タイトル数ではU-NEXTにかないませんが、U-NEXTではPPV扱いのものがHuluで見放題、という作品もかなりあります。

また、Huluオリジナルドラマも複数あり、Huluでしか見られないというメリットもあります。

さらに、WOWOWオリジナルドラマ(ドラマW、連続ドラマW)もほとんどの作品を網羅しているのが特徴です。

スポンサーなどの制限を受けないWOWOWのドラマは、非常に質が高く見ごたえのある作品が多いので、地上波しか見ていない方にも是非おすすめしたいサービスです。

U-NEXT
31日間の無料期間あり!最大4人まで同時視聴OK
U-NEXT
月額料金1,990円
無料期間31日間
配信数12万以上

配信タイトル数は900タイトル以上、見放題作品も400タイトル以上あります。

TBS系で過去に放送されていたお昼の連続ドラマなども、懐かしいタイトルが配信されていますし、サスペンス系の2時間ドラマも見放題が多く、タイトルを見ているだけでも楽しいです。

ですが、やはりPPV扱いのものが半数を占めますので、タイトルが多い分、どれをポイント利用で見るか悩むユーザーも多いでしょう。

また、連続ドラマがPPV扱いであった場合、1ヶ月に付与される1280ポイントでは全く足りませんから、見始めたら課金必須となることも覚悟しなくてはいけません。

これはデメリットにも取れますが、U-NEXTの配信タイトルが素晴らしいから、とも言えます。

dTV
月額500円で安い!
dTV
月額料金500円
無料期間31日間
配信数12万以上

月額料金が安いdTVですが、国内ドラマに関してみてみると、見放題での配信数がおよそ280タイトル、PPVはおよそ60タイトルです。上位2社に比べると配信数が少ないですね。

ただ、PPV扱いの作品はほとんどが現在放送中のドラマの見逃しとなっており、課金してでも見ておく価値は十分あるものに厳選されていると感じます。

TBS系列、日本テレビ系列のドラマの多くが見放題となっている半面、テレビ朝日、フジテレビ系列は少なめの印象ですね。

日本テレビ系列はそもそもドラマ制作自体が少ないため、過去のものも含めてしっかり配信されているのはファンにとってうれしいことです。

人気作品はおおむね配信されていると言えますが、実際に動画配信サービスを利用したい人の中には、過去の懐かしいドラマを見たい!という人が一定数います。そういった面からの需要で考えると、ちょっと物足りなさもあります。

ただし、月額料金が上位2社の半分、またはそれ以下なので、うまく組み合わせて利用すると良いですね。

その他、Amazonプライムは配信タイトルは多いですが、PPV扱いが多いのがネックです。先述しましたが、連続ドラマやシリーズ物は、1話ごとに課金されるととんでもない金額になります。

TSUTAYA TVも、動画配信数は多いですが、その多くはPPVですから、メインの動画配信サービスとするのは厳しいかもしれません。

安い料金で視聴したい人におすすめの動画配信サービス比較ランキング

月額500円で安い!
dTV
月額料金500円
無料期間31日間
配信数12万以上
dTV

月額500円で多くの映画、ドラマが見られます。PPV扱いのものもありますが、見放題配信タイトルも非常に充実しています。

Amazonプライムビデオなど、いわゆる有料会員の特典、といったものに比べると料金は少し高いですが、やはり配信タイトルの数や内容を合わせて考えた場合は、dTVの方が断然お得です。

とにかく安い料金で、かつある程度の配信タイトル数を持っていることが条件の場合は、他の無料サービス(Rakuten TVなど)に比べてもdTVをおすすめします。

サービス自体も、多くのデバイスに対応していますし、特にドコモユーザーの場合はdポイントでのPPV視聴も可能ですから、新作ビデオなどのPPVも、月に1本程度は見られるでしょう。

Amazonプライムビデオ
月額325円!Amazonプライム会員の特典あり
Amazonプライムビデオ
月額料金325円
無料期間30日間
配信数2,5000本

年会費が3,900円、ということは月額325円です。しかも、あくまでプライムビデオはAmazonプライム会員の特典であり、それ以外のAmazonのサービスも同時に受けられます。

月額料金はdTVの方が高いのですが、Amazonプライムビデオはあくまで「特典」の位置づけであり、見放題配信タイトルの数を考えると、やはりおまけ感が漂います。

私はAmazonプライム会員なので自動的に見ることができますが、それでもメインでの使用はしていません。

ただ、Amazonプライムでしか配信していないタイトルもいくつかありますし、Amazonでお買い物をする機会がある程度ある方の場合は、Amazonプライム会員になってプライムビデオを楽しむのも良いでしょう。

Hulu
2週間無料お試しあり!追加料金なしで見放題
Hulu
月額料金933円
無料期間2週間
配信数4万以上

動画配信サービスでは評判の高いHulu。月額料金は980円と、上位2社に比べると倍ほどの価格になります。

しかし、Huluの場合は全てが見放題であるので、月額料金以上を支払うことはありません。

配信タイトルも非常に多いこと、そのタイトルも話題作や新しい作品がしっかり含まれていますから、たとえ980円と少し高くても、上位2社のようにあとから課金する羽目になった、ということがないので安心です。

ただ、長いシーズンの海外ドラマなどは、全てのシーズンが配信されていないものもあるので注意も必要です。

せっかく契約したのに、見たいものが見られないのでは意味がありませんから、お試し期間を利用して自分の趣味にあっているか、しっかり確かめましょう。

U-NEXTは月額1,280円と高めですが、毎月1280ポイントが付与されますので実質無料、のように見えますが、連続物のドラマを見ようとするとポイントが足りません。

また、1280ポイントもらえても、そもそも見たい作品がポイント不要のものばかりの可能性もありますし、全ての人にお得か、というと決してそうではありません。

TSUTAYA TVはそのシステム自体が複雑なこともあり、また見放題作品が他のサービスの10分の1と数も少ないので、結局課金してしまう可能性が高いです。

月額料金を安く、しかもたくさんの選択肢があるサービスであれば、dTVをまずお試しされてはいかがでしょうか。

スマホ視聴したい人におすすめの動画配信サービス比較ランキング

31日間の無料期間あり!最大4人まで同時視聴OK
U-NEXT
月額料金1,990円
無料期間31日間
配信数12万以上
U-NEXT

月額料金が少し高めの1,990円ですが、スマホやタブレットをメインのデバイスとして使っている方にはおすすめです。

まず、専用アプリのインストールは必要ですが、2015年以降改善され、その使い勝手や動作が向上しています。

ダウンロードもできるので、Wi-Fi環境下でいったんダウンロードし、オフライン再生することで容量を無駄に食うことを回避できます。

なにより、動画数が多いので「見る作品がない」なんてことは絶対にありません。ポイント利用のものも、見放題のものも簡単にスマホで再生可能です。

さらに、最大4人まで「同時視聴」が可能ですから、外でスマホなどで視聴することの多い方は、たとえ家族が自宅で視聴していても問題なく視聴できます。

画質も向上していて、通信速度に応じて最適な画質に自動で切り替わりますので、ストリーミング再生時に不安定な通信状態でも視聴の妨げをある程度防げます。

スマホやタブレット視聴がメインになる方には、U-NEXTがおすすめです。

dTV
月額500円で安い!
dTV
月額料金500円
無料期間31日間
配信数12万以上

配信タイトル数は900タイトル以上、見放題作品も400タイトル以上あります。

スマホで視聴することがメインとなる場合、やはりダウンロード機能(オフライン再生)は欲しいですよね。
dTVも専用アプリをインストールすればダウンロード機能対応となっています。

作品タイトルも非常に充実していますし、月額料金の安さも大きな魅力といえます。

しかし、画質については他社に比べると劣る印象です。dTVはターミナルアダプタなどを利用することでテレビでも視聴できますが、テレビで見ていても結構ストレスを感じる画質です。画質はダウンロードする際に選択できますが、スマホでは作品によってHD画質で見られないものもあります。

以前、テレビでPPVをHD画質でレンタルし、スマホで視聴しようとしたら「お使いの端末では再生できません」とのエラーが・・・
ダウンロードする際、PPVレンタルする際は、基本的には普通レベル(SDレベル)の画質であると思っておいた方が良いですね。

Hulu
2週間無料お試しあり!追加料金なしで見放題
Hulu
月額料金933円
無料期間2週間
配信数4万以上

専用アプリなどを当初から開発し、その使い勝手なども他社とは比べ物にならないほど良いと言われていたHulu。

画質も非常に良く安定しており、小さなスマホの画面でも、大画面テレビでもストレスなく視聴できると評判です。

しかし、ダウンロード機能がないんですよね。したがって、Wi-Fi環境がない場所で視聴すると、膨大な容量を食ってしまいます。

スマホで視聴する場合は、やはりダウンロード機能はあった方が良い、というより必須だと思っています。

Huluは作品タイトルも多く、非常に優秀な動画配信サービスですが、スマホやタブレットがメインで視聴したい方には少々難あり、といったところでしょう。

Amazonプライムビデオは、ダウンロード機能もあり一見良さそうなのですが、ダウンロードできる作品に制限があるだけでなく、ダウンロード可能なデバイスも制限があります。というのも、Amazonのkindleがあるため、そちらとの絡みで縛りがいろいろとあるようです。使い勝手はあまり良くないようです。

TSUTAYA TVに関しては、当初はandroid端末のみダウンロード可能となっていたようですが、現在はiOS端末も対応しているようです。とはいえ、やはり作品数の少なさから、あまりおすすめできません。

スポンサーリンク