1. ホーム
  2. 国内映画
  3. ≫【あらすじ・ネタバレ】邦画史上に残る難解さ?「三度目の殺人」は名作か。

【あらすじ・ネタバレ】邦画史上に残る難解さ?「三度目の殺人」は名作か。


(出典元:(C)2017 フジテレビジョン アミューズ ギャガ)

2017年度の日本アカデミー賞で、作品賞をはじめ監督脚本賞、助演男優・女優賞を総なめにした「三度目の殺人」。

監督は是枝裕和氏、主演・福山雅治、助演・役所広司、広瀬すずといった豪華な作品で、日本アカデミー賞以外でも話題になった作品です。

是枝監督と福山雅治さんのコンビは、「そして父になる」以来となりますが、法廷心理サスペンスをどう描いたのでしょうか。
一部では「モヤモヤする!」との声も根強いこの「三度目の殺人」。

ネタバレと感想を含めてご紹介します。

三度目の殺人を視聴できる動画配信サービスはこちら

三度目の殺人のあらすじ


(出典元:(C)2017 フジテレビジョン アミューズ ギャガ)

弁護士の重盛(福山雅治)のもとに、とある強盗殺人の弁護依頼がもたらされます。同僚の摂津(吉田鋼太郎)が持てあました案件で、被告が「ころころと供述を変える」ため、弁護に行き詰ったというものでした。

その被告は、過去にも殺人を犯して服役したことのある三隅(役所広司)という男で、重盛は後輩の川島とともに三隅の弁護を始めます。

当初、勤務先の社長・山中を金銭を奪う目的で殺害し、遺体を燃やしたと言っていたのに、財布にガソリンがついていたことから「金を奪うつもりだったのなら、燃やそうとする前に財布を奪うのでは?」というツッコミに対し、いとも簡単に供述を翻します。次第にその供述の変遷は、三隅本人が「わざと」行っているのではないかと重盛は感じ始めます。


(出典元:(C)2017 フジテレビジョン アミューズ ギャガ)

被害者山中には、妻・美津江(斉藤由貴)と足に障害を持つ娘・咲江(広瀬すず)がいましたが、重盛が調べていくうちに、咲江は父親から性的虐待を受けていたことを知ります。そして、三隅が事件の前から身辺整理のようなことを行っていたことや、その三隅の家に被害者の娘・咲江がよく訪れていたことに引っかかりを感じます。

さらに、突然三隅によって、犯行は被害者の妻・美津江から持ちかけられた話であるといったことが語られ、真実がどんどん見えなくなっていき・・・

<予告>

3度目の殺人の意味


(出典元:(C)2017 フジテレビジョン アミューズ ギャガ)

非常に「難しい」映画です。是枝監督の特徴なのでしょうが、はっきりと表現しきらないというか、見る側に考えさせる、そういった映画であるため、正解が果たして何なのかもわかりません。

ですから、ネタバレ、とはしてありますがはたしてそれが正解かどうかもはっきりしないのです(笑)。

まず、タイトルにもなっている「三度目の殺人」の意味するところから見ていきましょう。

ひとつ目の殺人は、三隅が30年前に北海道で起こした事件を指していると思われます。そして、2度目の殺人は、今回の事件。
しかし、映画の中でそれ以外に殺人事件は起こりません。あるとすれば、それは三隅が宣告された「死刑」です。

三隅は供述を変遷させ、まるで自身の立場をどんどん悪くしていくような言動を行います。裁判において、このような態度では裁判所の被告に対する印象は最悪となります。


(出典元:(C)2017 フジテレビジョン アミューズ ギャガ)

結果、過去の殺人のこともあり、判決は「死刑」となってしまいました。ただ、それは検察や裁判所が決めたように見えて、実は三隅本人が「そう仕向けた」と言えます。したがって、この「三度目の殺人」の真意は、三隅が自分に対して、死刑制度を利用して行う殺人、ということであろうと考察されます。

この作品のテーマとして、「人は人を裁けるのか」といったものがあり、それが日本の死刑制度の是非(国家による殺人、というような)みたいなものをほのめかしているのかな、とも思いますが、いかんせん、薄い。

こういうことは、伝わらないと意味がない気がしますが、投げかける手法の是枝監督らしい脚本と言えば、アリなのかな、とも思います。

三度目の殺人の見どころ

深いテーマをサスペンス仕立てで進んでいくストーリー自体、非常に興味深いですし、「どうなるんだろう?」という期待感があります。
その中から、いくつか見どころをご紹介します。

弁護士・重盛の変化


(出典元:(C)2017 フジテレビジョン アミューズ ギャガ)

主人公となる弁護士・重盛は、非常にクールで仕事の成果は勝ち負けにあると信じています。

ですから、弁護する被告人の人となりや背景、心情、果ては事件の真相などは正直どうでもよく、わかっている事実から戦略を練って結果、勝つか、納得のできる落としどころに持って行けさえすればよい、という考えです。

後輩弁護士の川島(満島真之介)は、被告人の心情やさまざまな事柄を汲もうとしますが、重盛はそんなことは必要ないと言ってのけます。

そんな重盛が、別れて暮らす娘との関りや、偶然知り得た三隅と被害者の娘・咲江の交流などから、次第に「真実」を知ろうとし始めます。知らなくてもいいはずなのに、「知りたくてうずうずしてる!!」という弁護士に変化していく過程は見ごたえがあります。

チョイ役、松岡依都美の存在感


(出典元:You Tube 映画「凶悪」より)

本作品では、重盛たちの弁護士事務所の事務員(パラリーガル?)として登場しているこの女優さん。特に目立つ美人女優ということでもなく、少しぽっちゃりした「どこにでもいる」女優さんに見えます。

しかし、出演作を見てみると「凶悪」「日本で一番悪い奴ら」「残穢」など、評価の高い映画に出演していることから、その演技力や存在感には定評があることがわかります。

特に、死刑囚の暴力団員の内妻を演じた「凶悪」での評価は抜群でした。そんな彼女の「三度目の殺人」での演技も、吉田鋼太郎さん、橋爪功さんといった存在感抜群の俳優さんとの共演でも、「この女優さん誰?」と思わせる力のある演技をしています。

謎解きを随所に


(出典元:(C)2017 フジテレビジョン アミューズ ギャガ)

謎解き、と言ってしまうと軽すぎるかもしれませんが、いたるところに「意味ありげ」なシーンが登場します。
その一つが、十字架を模したシーンです。

小鳥を埋めたお墓にある、小石で作られた十字や、重盛が十字路で立ち尽くす場面、そして、雪の上にあおむけに倒れ込む三隅と咲江のカット。
いずれも、十字に関連させたシーンといえ、それに気づいた人には、「これはなんだろう?」と漠然とした印象付けをしています。

こういった場面が効果的に作用すると、見ている方は不安感や期待感が高まり、よりストーリーに引き付けられていきます。
ただ、失敗するとものすごい消化不良に陥る可能性もありますが、この作品はどうなったでしょう。そちらは後半にまとめています。

役所広司さんの演技力


(出典元:(C)2017 フジテレビジョン アミューズ ギャガ)

役所さんと言えば、硬派な役も恋愛ものも、企業戦士などの役も幅広くこなせる素晴らしい俳優さんですよね。
この「三度目の殺人」でも、その演技力はいかんなく発揮されていました。

殺人犯、しかも2度も人を殺しているという設定ですが、「真実を内に秘めている」上での殺人犯という、難しい役どころです。それを、見事に演じ切っていると感じました。たしかに、この役は他の俳優さんではちょっと違和感があるかな、と思うほど。

ちょっと批判的なことを言うと、たとえば主役の福山雅治さんは、正直どの役をやっても福山雅治です。木村拓哉さんと通じるものがあるというか。声が印象的なのが悪い方へ働いているのかもしれないですね。

しかし、役所広司さんは、役ごとに「このキャラクターはこういう人なんだろうな」と常に思わせる俳優さんです。役所広司を演じているのではなく、むしろそこに役所広司はいない、というか。

三浦友和さんなども非常に自分を殺して役になり切れるタイプの俳優さんと思いますが、役所さんもさすがですね。この作品で「助演男優」であったことが驚きでした。

あえて言いたい、気になる点

非常に評価の高い作品とされている「三度目の殺人」ですが、個人的には気になる点がいくつもあり、正直評価のポイントがよくわからない映画という位置づけです。

その点についていくつか書いてみます。

伏線が回収されていない


(出典元:(C)2017 フジテレビジョン アミューズ ギャガ)

前回、「湯を沸かすほどの熱い愛」についての記事で、伏線の張り巡らし方と、それをすべて回収しきった点が素晴らしかったと書きました。

どの作品でも、伏線とその回収率が作品の良し悪しに大きく関わるのは間違いないと言えるのですが、「三度目の殺人」では、それがまったくと言っていいほど機能していないと言わざるを得ません。

なんというか、突然出てくるのです、いろんなことが。たとえば、被害者の妻・美津江との共謀説や、食品偽装の話、三隅の実娘の存在、重盛の娘の万引きや電話、そして咲江の性的虐待。


(出典元:(C)2017 フジテレビジョン アミューズ ギャガ)

これらが意味ありげに語られ、というか食品偽装や性的虐待などは決して軽い話ではないにもかかわらず、そのどれもが掘り下げられず流されて行ってしまいます。性的虐待も事実であったのかすら疑わしい状態で終わります。三隅の娘にいたっては重盛と川島が探し回ったにもかかわらず、結局出てくることはありませんでした。

見ている方は肩透かしどころではありません。最後まで、「あの件はどうなった?」と思いながら見て、エンドロールが流れて開いた口が塞がらないという終わり方になってしまいました。
これも、是枝監督の「あえて」なのだと思いますが、高尚過ぎる・・・・

斉藤由貴と広瀬すずの無駄遣い


(出典元:(C)2017 フジテレビジョン アミューズ ギャガ)

有名どころ、話題性のある女優、俳優を起用すれば、それだけで話題になりますし、力がある俳優であればあるほど、その作品はより良いものになるでしょう。

しかしそれは、脚本や原作自体が上質であり、俳優が役に挑むレベルであって初めて成し遂げられることだと思います。

今回、広瀬すずさん、斉藤由貴さんという力のある女優が起用されましたが、正直二人とも、「この流れならこの二人でなくてもいいんじゃ…?」と思わずにいられませんでした。

これでもかと実力派の俳優を送り込んだものの大失敗した「ヘルタースケルター」に近いものを感じます。役所広司さんは深いキャラ設定でしたから、実力と相まって非常に良かったのですが、女優陣が演じた役柄というのは、キャラ設定もあいまい、全く掘り下げられることもなく終わったという印象です。

なんで斉藤由貴さんなのか、彼女が持つ怪しく毒々しい雰囲気が発揮されることがなかったのは、「そういう脚本」であったからとしか言えません。

殺人という罪と個人的感情を混同することの是非


(出典元:You Tube)

実際、被害者を誰が殺害したのかは明かされません。作品中で、被害者を殺害するシーンの回想?のような場面があり、三隅、咲江、咲江と美津江の3パターンの犯人像が示されます。

この殺人について、少なくとも咲江と美津江はある程度の事情を知っています。しかし、結局は三隅の単独犯行として三隅には死刑が下されます。
それを前提として考えると、性的虐待を行っていた被害者に対して「殺されて当然」という感情が湧いてきます。それについては、三隅も、重盛も言及しています。

この映画は、私利私欲ではなく、そういった理由があっての殺人、を掘り下げていると思うのですが、これを言い出したらキリがないというか司法制度の崩壊です。

誰しも、自分なりの正義があって、自分なりの理由があるわけで、それらを全てすくいあげることは不可能であるから、情状は酌量したとしても罪は罪として裁かれる必要があるのです。

この映画は、その基本的なことに疑問を投げかけているわけで、犯罪と個人的事情を混ぜて考えるのは非常に理解しがたい部分でもあります。しかも、当の本人三隅が、ミスリードというよりかく乱しまくっているわけです。

そう考えると、「背景や心情、本質などはどうでもいい」とする当初の重盛のスタンスはあながち間違いではないと言えます。しかし、この映画はその逆を是とする印象がありますから、見る人によってはモヤモヤが残るものとなってしまうようですね。

三度目の殺人を視聴できる動画配信サービス

2017年度の日本アカデミー賞を総なめにした「三度目の殺人」。

私もぜひ見たかった作品のひとつでしたが、感想は非常に「モヤモヤ」というものです。

是枝監督の作品は、巣鴨置き去り事件をもとにした「誰も知らない」、赤ちゃん取り違えを題材とした「そして父になる」などがありますが、他にも社会派のドキュメンタリーなども手掛けています。

この「三度目の殺人」も、死刑や裁判のあり方などを問う側面もあり、評価は高いわけですが、過去の作品を含め、「作り手側が答えを出さない」傾向が強い気がします。良く言えば、多様な見方を認めている、悪く言えば、観客に丸投げして逃げ道を作っている、というか。

それが、「結局何が言いたかったの?」という観る者にとっての消化不良につながっているような気がします。

皆さんもぜひご覧になって、自分ならどう受け止めるか、確認してみてください!


「三度目の殺人」の他、人気ドラマや映画を視聴できる動画配信サービスをまとめてみました。(いずれのサービスも無料お試し期間を設けています。)

31日間の無料期間あり!最大4人まで同時視聴OK
U-NEXT
5
月額料金1,990円
無料期間31日間
配信数12万以上
U-NEXT

・動画の他に雑誌やコミックも読める。
・最大4人まで同時視聴が可能。
・ドラマも映画も最新作に強い。
・毎月付与されるポイントは映画館でも使える。

月額500円で安い!
dTV
4.8
月額料金500円
無料期間31日間
配信数12万以上
dTV

・月額500円で料金が安い。
・昔の映画やドラマの配信が多い。
・ミュージックビデオ、ライブの配信が多い
・ダウンロード機能があるのでWiFi環境がない場所でも楽しめる

2週間無料お試しあり!追加料金なしで見放題
Hulu
4.5
月額料金933円
無料期間2週間
配信数4万以上
Hulu

・完全定額制で配信されているサービス全て見放題。
・海外ドラマの作品が豊富。(吹き替え版もあり)
・パソコン・テレビ・スマホ・タブレット・ゲーム機など複数のデバイスで登録OK!
・登録デバイス数に制限なし。

4
TSUTAYATV
TSUTAYATV
3.8
月額料金933円
無料期間30日間
配信数10,000本(うち見放題は2,000)

・宅配レンタルとの合わせプランで新作をいち早くチェックできる。
・ホラー映画の配信が多い
・2倍速再生で内容をチェックできる。

5
Amazonプライムビデオ
Amazonプライムビデオ
月額料金325円
無料期間30日間
配信数25,000本

・年会費制だが月額にすると一番安い。
・Amazonアカウント1つにつき25本までダウンロード可能。
・Amazon付帯のサービスが充実

シェアをお願いします。