1. ホーム
  2. 国内映画
  3. ≫ネタバレあり!実話映画「葛城事件」家族という地獄【感想】

ネタバレあり!実話映画「葛城事件」家族という地獄【感想】

毎日のように、日本のどこかで事件が起こり、人が亡くなったりケガをしたりしていますよね。

そのニュースを、ラジオやテレビ、新聞で見ながら、「怖いねぇ…」と私たちは口々に言いあいます。

そして、自分は絶対に「その当事者、特に加害者」にはならないと思っています。


(出典元 (C)2016『葛城事件』製作委員会)

今回ご紹介するのは、殺人事件の加害者家族に焦点を当てた作品「葛城事件」です。

その内容から、大きく取り上げられてはいないため、全くご存知ない方もいるかもしれませんね。

しかし、圧倒的な演技力を誇る俳優陣と「後味の悪い映画を作らせたらこの人を置いてほかにない」という赤堀雅秋監督が作り上げたこの映画は、不愉快で切なくて目を背けたいのにそれすらできないほど引き込まれる、そんな作品に仕上がっています。

U-NEXTの無料期間で葛城事件を見てみる ※U-NEXT 31日間の無料期間あり

U-NEXTを利用するメリット
  • 登録から31日間無料で利用できる
  • 登録時に600円分のポイント付与
  • 毎月1,200円分のポイント付与
  • 書籍や漫画が34万冊以上読み放題
  • 雑誌が70誌以上読み放題
  • 動画8万本見放題
国内ドラマを見たい人におすすめの動画配信サービスはこちら
スポンサーリンク

葛城事件のあらすじ


(出典元 (C)2016『葛城事件』製作委員会)

郊外のありふれた住宅地の戸建てに住む、葛城一家。

主人である清(三浦友和)は、妻・伸子(南果歩)と長男・保(新井浩文)、次男・稔(若葉竜也)との4人暮らし。

親の家業の金物店を継いだ清は、男の二人と美しい妻と一戸建て、いわば人生において間違いのない、理想を築き上げることが出来たと満足していました。

休みの日には仕事仲間を家に呼び、ことあるごとに自慢し、男はこうあるべき、一家の長とはこうあるべき、という自分の考えが正しいということに固執しています。


(出典元 (C)2016『葛城事件』製作委員会)

妻の信子は、美しく性格も優しい母親でしたが、料理は全くと言っていいほどしません。最初のうちは作っていましたが、清の口に合わないということで、ほとんど外食やデリバリーという食生活でした。

時は流れ、幼かった息子たちは大人になります。長男の保は、もともと穏やかでしっかりした性格だったため、会社員として働いていましたが、次男の稔は、何度も職を変え、アルバイトですら長続きせず清の頭痛の種となっていました。

伸子は、そんな稔をかばいはするものの、母親として稔と向き合うことをせず、事なかれ主義を通します。稔は、「一発逆転」が口癖で努力をしようとしません。何かうまくいかないことがあれば、その場しのぎの言い訳を母親にぶつけ、どんどん殻に閉じこもるようになります。

結婚して新たに家族を持った長男・保でしたが、リストラされていることを誰にも言い出せず、次第に心を蝕まれて行きます。

稔と清の軋轢に我慢できなくなった伸子は、稔を連れ家出します。そして、事件が起こります。

U-NEXTの無料期間で葛城事件を見てみる ※U-NEXT 31日間の無料期間あり

<予告>

見どころと葛城家の人々(ネタバレあり)

では、その見どころについてまとめます。ネタバレありですので、注意してください。

普通の家庭が崩壊していく過程


(出典元 (C)2016『葛城事件』製作委員会)

この「葛城事件」の主役は、父親である葛城清です。事件を起こすのは息子の稔ですが、息子を無差別殺人へと走らせたのは誰で、何なのか。すべてを稔の責任で片付けてよいのか。

一見、何の変哲もない普通の家族に「見える」人たちが、じわじわと壊れていく過程は正直人によったら目を背けたくなるかもしれません。

なぜか。それは、私たちの中にもある些細なずれや、おかしいなと思いながら現実を見ることを先送りにする、そんなことがとても他人事、頭のおかしな人の話とは思えないからです。

妻・伸子が「なんでここまできちゃったんだろう」とつぶやくシーンは、ぶつかることを避けてきた、問題解決を先送りにしてきた人の断末魔といえます。

食をめぐる描写


(出典元 (C)2016『葛城事件』製作委員会)

監督自身が発言されていることですが、この映画は「食」に大きな意味を持たせてあると言います。

たとえば、葛城家の食卓には、普通の家庭の普通の料理は並びません。前日の食べ残しの宅配ピザが翌朝の朝食になっていたり、昼も夜も一人の食事はコンビニ弁当。稔を連れて家出した先でも、伸子は母親として手料理をふるまうことはありません。

リストラされて公園で時間をつぶす保つがクロスワードパズルを解いているのですが、そこでも題目は「冷凍食品」(細かい…)。

家出した伸子と稔の居場所を突き止め、母と息子二人が向き合うシーンがあります。そこでも、インスタントラーメンとコンビニのナポリタンを食べているのですが、ふと「最後の晩餐」は何がいいか、という話になります。

伸子は、祖母が作ってくれたちらし寿司、稔は「うな重」でいい、と。そこに、母親・伸子の手料理や思い出のメニューといったものは出てきません。

ここで重要なのは、なにもインスタントや外食を否定したり、手作りこそが愛ということではなく、そこに「思い出」がない、ということです。

家族で食べた美味しいお店のカレーや、寒い中で片寄せあって食べたインスタントラーメン、それだって何にも代えがたい思い出のメニューです。それが、この葛城家にはなかったのです。

登場人物全てに対する耐え難い嫌悪感

葛城家の人々は、一言でいうと「異様」です。
一家の主として、家族を抑圧することでその力を誇示してきた清は、一方で社会的には非常識なことも平気でやってのけます。


(出典元 (C)2016『葛城事件』製作委員会)

なじみの中華料理店では、味つけが変わったことにクレームをつけます。味を変えるなら、なぜ先に言わないのだ、と。そして、店の謝罪も聞き入れず「気持ちの問題だ」「20年来通っているんだ」「葛城さんって言えば(オーナーには)わかるからよんでこい」などなど、保の妻の両親がいる前でまくしたてます。

妊娠中の保の妻の前で、平気でタバコをふかす清。保も妻の両親も、心の中で非常識だと感じていても、それを口にすることはありません。
「恐怖の中華料理屋」

自分の理想と違うことはガンとして受け入れず、たとえそれが身内の死や息子のことであっても現実を見ることはありません。

妻の伸子は、確かに夫に抑圧され、モラハラどころではない扱いを受けていますが、自分で考えること、自分で解決する努力を放棄しています。


(出典元 (C)2016『葛城事件』製作委員会)

稔のあきれるほど幼稚な考えや言い訳を「おかしい」とわかっていながら、受け止めることしかしません。結果、稔と保の兄弟のよりどころにはなれなかったどころか、稔の事件を機に精神を崩壊させます。それは彼女のせいではありませんが、辛いことや責任からは逃げ回って、最期は自らの精神を崩壊させることで逃げ切りました。

保は表面上非常に穏やかで、争いを好みません。しかし、息子がけがをさせられたときも、揉め事を嫌ってなぁなぁで済まそうとします。自分は結婚し家を出ることで、葛城家のしがらみから逃れたつもりだったのでしょうが、彼もまた、現実と向き合うことを避けながら、良い人、正しい人であり続けようとしたツケが回ってきます、最悪のかたちで。


(出典元 (C)2016『葛城事件』製作委員会)

また、事件後、死刑囚となった稔には星野という女性の支援者が現れます。しかも星野は、獄中の稔と婚姻関係を結びます。これは、家族以外の面会が制限されるため、交流を続ける目的で時として行われることですが、星野はそれ以上の感情を持っています。


(出典元 (C)2016『葛城事件』製作委員会)

「私のような人間がいれば、稔は心を取り戻せる」と頑なに信じています。人を信じたい、という崇高な気持ちのもと、稔をわかってやれるのは自分しかいないと信じて疑わないその姿には、狂気と憐れみを抱かずにはいられません。事実、死刑囚となった稔にまで、「お前頭おかしいだろ」と言われる始末。

薄っぺらい理想を振りかざし、正義を気取る星野は、結局稔が死刑執行されたことで自らの役割は終わったと思っていた人間で、稔のためではなく自己満足のためにしていたに過ぎなかったわけですが、最後にそれを清に見透かされ、激昂して去ります。

このように、登場する人物全てに違和感というには軽すぎる何とも言えない後味の悪さを抱かずにいられない作品というのは、そうあるものではないと感じます。

U-NEXTの無料期間で葛城事件を見てみる ※U-NEXT 31日間の無料期間あり

モデルとなった事件について

この作品は、過去と現在が交互に描かれます。その過程で、ふと、どこかで見た、聞いたことがあるストーリーだ、と感じる人もいるでしょう。


(出典元 (C)2016『葛城事件』製作委員会)

この作品には、元ネタがあります。しかも、監督によれば6つの事件をまとめて再構成した作品であるとのこと。

稔のキャラクターは、その6つの事件の加害者たちをまとめてひとりに人物像に仕上げてありますが、作品の大筋と併せて一番影響を与えているのが、「付属池田小事件」です。刃物を持った男が小学校に乱入し、児童8名を殺害、教師と児童合わせて15名を負傷させたという許し難い事件ですが、

  • 加害者が死刑囚で獄中結婚している
  • 死刑の早期執行を望み、その通り異例の早さで執行されたこと
  • 反省の色が一切なく、最期まで何の謝罪もなかったこと
  • 実兄が自殺していること
  • 母親が家事を放棄していたこと
  • 実母と家出し、その実母が精神を病んだこと
  • 父親に殺されかけたこと

など、多くの類似点が見受けられます。


(出典元 (C)2016『葛城事件』製作委員会)

そしてもうひとつ、最大の類似点は、「普通の家族だったはずが、崩壊の一途をたどった。その一番の要因は、父親にあった」という点です。池田小事件の加害者、宅間元死刑囚は、先天性の脳の障害や、自殺未遂を起こした際のケガがもとで感情面に障害が残ったと言われていますが、それを増幅させたのは紛れもなく父親の存在もあったでしょう。ヒトラーの「我が闘争」を愛読し、薩摩藩士の末裔であることを誇りに激烈なプライドのみで生きてきた父親と、葛城清はダブって見えます。

「葛城事件」は、いわばこの宅間守元死刑囚の父親を軸とした作品と受け止めて差し支えありません。


(出典元 (C)2016『葛城事件』製作委員会)

また、それ以外にも、事件当日の稔の服装はまさに秋葉原連続殺傷事件の犯人が来ていた服に似ていますし、通り魔という犯行形態は「池袋サンシャイン通り魔殺人事件」などが思い浮かびますし、「死刑になるための犯行」というべきところでは、「土浦連続殺傷事件」も参考になっていると考えられます。

葛城事件を視聴できる動画配信サービス

私自身、軽い気持ちで見た「葛城事件」でしたが、これほどまでに胸糞悪い感情が残る映画は久々でした。正直、全く救いがないのです。ただただ、一つの家庭が崩壊していく、そして遺された父親はその経験から何も得ようとせず、ただこう叫ぶのです。
「俺が一体、何をした」と。

清役の主演、三浦友和さんは、言わずと知れた山口百恵さんのご主人で、私生活では非常に物静かでどっしりとした男性ですが、この映画では狂気の男・清を完璧に演じています。そのギャップが恐ろしい…

悲劇の兄、保は新井浩文さんですが、実はこの方、この映画の前に上演されていた葛城事件の舞台では、稔役を演じたそうです。彼は「死んだ魚のような目をもつ唯一の俳優」という称号を持っており、これまでも難しい役どころが多かった役者さんですが、この葛城事件はまさにはまり役だったのではないでしょうか。

個人的には近年にないほどの出来栄えの映画だと思っています。
現在、dTVで見放題、U-NEXTでPPV視聴可能です。

決して他人事ではない、私たちの生活の延長線上にある映画、「葛城事件」。ご覧になってない方は是非、おすすめします!

国内ドラマを見たい人におすすめの動画配信サービスはこちら
スポンサーリンク

シェアをお願いします。