1. ホーム
  2. 海外ドラマ
  3. ≫【あらすじ・ネタバレ】医療ドラマの金字塔!ER緊急救命室の魅力に迫る!

【あらすじ・ネタバレ】医療ドラマの金字塔!ER緊急救命室の魅力に迫る!

ドラマのテーマで人気なものと言えば、サスペンス、ホームドラマ、恋愛などに加え、医療を題材としたドラマも非常に人気が高いですよね。

日本でも、江口洋介さん主演の「救命病棟24時」や、フジテレビの月9でおなじみ「コードブルー」、そして「私、失敗しないので」の大門未知子を擁する「ドクターX」など、多くの医療ドラマが人気です。

ER緊急救命室を無料で視聴してみる
(※U-NEXTは31日間の無料お試し期間あり)

海外ドラマを見たい人におすすめの動画配信サービスはこちら
スポンサーリンク

人気の医療ドラマ!ER緊急救命室の動画

海外ドラマの中でも当然、医療ドラマは人気ですが、その中でも1994年から2009年まで、15シーズンにわたって放送された大人気ドラマがありました。それが「ER緊急救命室」です。

多くのハリウッドスターがまだ若手だった頃に出演していることでも知られ、また吹き替えを担当する声優陣もトップクラスの声優が担当しているのも見どころ、聞きどころです。

では、ER緊急救命室の魅力について、思う存分語ります。

主要キャストについての紹介もありますから、途中から見ていてよくわからない、という方も参考にしてくださいね。

ストーリー(あらすじ)

シカゴの架空の病院「カウンティ総合病院」の、主に緊急救命室を舞台に繰り広げられる人間模様、群像劇です。

事故や事件、災害でひっきりなしに送り込まれる患者と、それに向き合う新人からベテランまでの医師たち、看護師、取り巻く人々とのやりとりが描かれています。

原作者のマイケル・クライトンが、マサチューセッツ州の病院での実体験をもとに書いた小説、「五人のカルテ」が原作となっているため、臨場感にあふれ嘘くささのない作品に仕上がっています。

神業とか奇跡などで片付けず、ミスもあれば救えない命もある、理不尽なラストで終わるといった話がかなり多く、人間臭いドラマであるところも人気のひとつでしょう。

基本的にシーズンごとのメインとなるキャラクターがいますが、全シーズン通じてジョン・カーター(ノア・ワイリー/声・平田広明)が重要な役どころを占めます。

このカーター先生、シーズン12で降板となり、ファイナルシーズンで再びカウンティを訪れますが、カーター先生が降板した後の視聴率はガタ落ちだったとか。ファンが多かったんですね。

シーズン5辺りまでは、主にER内での医師同士の確執や恋愛などが多く描かれ、人間的にも未熟な面が多く見られます。

シーズン6ではカーター先生に学生がつき、その二人の気持ちの変化などが描かれますが、悲劇的な出来事が起こることでカーター先生の医師として、人間としての生き方も変わっていきます。

シーズン8以降では主要キャストが大きく動きます。志半ばでERを去る人、命を落とす人、新しい自分を始めるために去る人、他人の策略で去らざるを得なかった人など、医師たち個人にスポットが当たります。

シーズン10以降は新しいキャストが増えていき、命や家族について、そしてファイナルシーズンではこれまでのシーズンを回想するように、去っていったキャストたちが再び登場したりします。

ファイナルシーズンは遊び心も所々にちりばめられていて、それを探しながら見るのも楽しいですよ。

主要キャスト

フルシーズンが15ということで、主要キャストも変わっていくのですが、外せない主要キャストたちをご紹介します。

前半~中盤

ジョン・カーター(ノア・ワイリー/声・平田広明)

シーズン1から出演し、長きにわたってメインキャストを務めます。

苦学生を装うが、実際は超お金持ちのお坊ちゃま。両親が不仲で、祖母と暮らしています。

医学部3年生として登場するが、血を見て卒倒したり、あまりの忙しさとプレッシャーに押しつぶされそうになり、座り込んで頭を抱えるシーンは長くイントロの映像に使われました。

師であるベントン先生の厳しい指導に耐え、その後ERを支える存在に成長。指導していた学生との悲劇的な事件(「シーズン6 #13 誰よりも君を愛す」)を機に、自身の生き方も大きく変わっていきます。

おとなしそうな顔をしてかなり負けん気が強く、自分が評価されないことに苛立ちを隠さずぶちまける一面も持ちます。

マーク・グリーン(アンソニー・エドワーズ/声・井上倫宏)

シーズン1より、チーフレジデントとしてカウンティのERをまとめる医師。家庭のゴタゴタと病院での立場に長く苦しめられますが、非常に優秀で人格者です。

自身の病気と、夫婦として、親として、医者として、最期までしっかりと向き合った強い人で、シーズン8「#18空に輝くオリオン」では人生における決断をします。

ダグラス・ロス(ジョージ・クルーニー/声・小山力也)

ERの小児科医師。グリーン先生とは親友ですが、自分が正しいと思ったことは周囲の反対を押し切ってもやってしまう性格が災いし、何度もグリーン先生を困らせます。

女性にモテまくるため、他科の医者や看護師などと浮名を流しまくりますが、ずっとそばで支えてくれた看護師キャロルと人生を共に歩んでいきます。

末期患者である息子の世話を懸命に行う母親のために、独断で、してはいけないことを行ったことでカウンティを去ることになりますが、とにかくジョージ・クルーニーの演技力と、吹き替えの小山力也さんが見事にはまっているキャラクターです。

キャロル・ハサウェイ(ジュリアナ・マルグリーズ/声・野沢由香里)

カウンティERの看護師長。ドクターからの信頼も厚い優秀な看護師で、頭脳明晰。医学部に入学を果たすも、ドクターに部下扱いされたことや、看護師としての可能性を見つけたことで再び看護師として生きていきます。

ダグ先生とは古くからの仲で、くっついたり離れたり、時には同士としてダグ先生を支えます。ダグ先生がカウンティを去る決意をした夜、「明日ひとりで目覚めたくない」といって泣くシーンはもらい泣き必至です。

ダグ先生が去った後、体調の変化に気づいて・・・

現在、ディーライフで放送中の「グッドワイフ」の主人公、アリシア・フロリック役として活躍中ですが、吹き替えはER出演以降、野沢由香里さんが専任となっています。

ピーター・ベントン(エリク・ラ・サル/声・大塚明夫)

カウンティの外科医。息子は生まれつきの難聴。非常に野心家で技術も優れた医師ですが、あまりにストイックで感情をうまく表現できない性格が災いして、同僚や家族、恋人と衝突することも多く見られます。

キャリアのために当時恋人だったエリザベスの足を引っ張るような状況になってしまったり、息子を愛するがあまり周囲が見えなくなってしまったりと、ハラハラさせてくれるのがベントン先生。

最終的に、息子リースと暮らすためにキャリアを捨て、カウンティを去ります。去り際の、カーター先生との会話のシーンは爽やかで、かつ胸が熱くなるシーンです。

俳優のエリク・ラ・サルは、ER出演以前に映画「星の王子 ニューヨークへ行く」で、エディ・マーフィーと共演。黒人の地位向上に貢献した俳優としても知られています。

スーザン・ルイス(シェリー・ストリングフィールド/声・山像かおり)

シーズンを通じて、お金に苦労する役柄だったルイス先生。序盤ではお金の苦労に加えて、奔放な実姉クロエにも振り回されます。

妊娠して転がり込んできたクロエを怒りながらも、愛情深く接するお姉さんのような妹。娘を置き去りにして消えた姉の代わりに、姪のスージーを実の子のように育てます。生みの親より育ての親とはよく言ったものです。

優秀な医師でありながら、カウンティERでの終身在職権が経済的な理由で手に入らず、別の病院に勤務するためカウンティERを去ることになります。

当初は気弱で自分に自信が持てない人間として描かれますが、シーズンが進むにつれ、強くしっかりとした医師、1人の女性として成長していきます。カーター先生とのロマンスの終焉は、ルイス先生らしく笑顔で描かれます。

ケリー・ウィーバー(ローラ・イネス/声・小宮和枝)

非常に上昇志向の強い女性として描かれる半面、自身が他人からどう見られているかを気にする繊細さも持ち合わせています。

自分で同性愛者であることを認められず、愛する女性を傷つけてしまったり、自分のミスが絡んだ医療事故の際には部下に責任を押し付ける場面も。規律を優先するがあまり(実際には自己保身がメイン)、他人を切り捨てることもしばしばあり、グリーン先生と衝突することも多く、正直嫌われ者です。序盤、肢が不自由なことをダグ先生や看護師たちが腹立ちまぎれに嘲笑する場に出くわした時は、慌てて謝罪する相手に怒りもせずに「許します」と静かに言います。

いつでも冷静で弱さを見せない女性ですが、シーズン6における悲劇では第一発見者となり、おもわず悲鳴を上げ、その後のオペを切り上げ嘔吐する姿を見せます。

ウィーバー先生は基本的に憎まれ役、嫌な役柄という印象もあるのですが、女性の人権や地位向上などには積極的に働きかけ、HIVポジティブの同僚医師をかばったり、やさしい一面も持っています。

ロバート・ロマノ(ポール・マクレーン/声・内田直哉)

通称ロケットロマノ。ER部長。トレードマークはゴールドの聴診器と、オペの時のバンダナ。このバンダナはたまに将棋の駒などの和柄がよく使われることから、日本びいきな様子。

口が悪く、多くの人から嫌われるキャラで、セクハラで部下の女医から訴えられたり、イギリスからやってきた女医エリザベスに恋心を抱くも、叶わぬと知るやエリザベスの立場を悪くするような言動に走るなど子供っぽい部分も。気の強いウィーバー先生とは基本、合わない(笑)。

しかし、シーズン6では医学生ルーシーに対し、わずらわしさ全開で対応しつつもその要望に応えたり、シーズン8「#3 激怒」では、疲れ果てたベントン先生に悪態をついた直後、ベントン先生に抱かれた難聴の息子リースに対してこっそり手話で「父さんの面倒を見ろよ」と伝えたり、さらにはグリーン先生の重大な局面で、妻であるエリザベス(昔好きだった女性)に対し「なんでもするぞ」と協力を惜しまないことを誓うなど、ここぞという時にはこの上なく優しく、強いキャラとして隠れファンは絶対多い・・・はず。

大嫌いなはずのウィーバーが同性愛者であると告げた後も、周囲にそのことを吹聴しない誠実さも持っているのです。
ロマノ大好きな私は、このロマノのその後の処遇が納得いきません!!

前半から中盤は、主にこのメンバーによって展開していきます。途中から、グリーン先生の妻となるエリザベス・コーディー先生、医学生ルーシー、看護師アビー、医学生ガラント君、プラット君などなど、非常に大きな役割を果たしていくことになるキャストもいます。

では、中盤からファイナルにかけて登場する主要キャストを見てみましょう。

中盤~ファイナル

アビー・ロックハート(モーラ・ティアニー/声・葛城七穂)

最初は産科の看護師でしたが、医学生となるも別れた夫が学費を振り込まなかったために看護師に戻ります。

看護師長を経て、再び医者の道へ。躁うつ病の母親と、自身のアルコール依存症に悩みながらも、ERの中で自分の居場所を見つけていきます。隣人にぶん殴られたり、事件に巻き込まれて昏倒するなど結構痛い目に遭う役柄。

カーター先生といい仲になるも、すれ違いやトラブルで次第に疎遠に。中盤以降のシーズンは、アビーの私生活も含めてストーリーが展開していきます。非常に苦難に満ちた人生を歩んでいる女性だけれど、医師や看護師からの信頼は厚く、ラストとなったシーズンファイナル#3では医師でありながら看護師をかばう演説をやり切ってから、ERを去ります。

どうでもいいですが、シーズン10では髪の色が金髪になっています。が、眉毛は黒いので、田舎のヤンキーみたいになっています。

ルカ・コバッチュ(ゴラン・ヴィシュニック/声・てらそままさき)

クロアチア出身の医師。紛争で妻子を失ったことが、長いこと心に影を落とします。普段は冷静で穏やかな印象ですが、愛する人が危険にさらされた時には、その相手に対して暴力的な部分が出てしまいます。

博愛の精神というか、おひとよしというか、相談されたり頼られると放っておけず、トラブルに巻き込まれることも。こんな男性を好きになったら、大変だろうなぁとしみじみ思ったものです。

アビーとくっついたり離れたりを繰り返し、最終的には高齢者医療に携わるべく、ERを去ります。

ちなみに、役を演じるゴラン・ヴィシュニックは、ハリウッドセクシー100人の2位にランクインしたこともあり、かなりの男前です。近年では、リドリー・スコット監督の「悪の法則」という重たい映画で、キャメロン・ディアスの投資アドバイザー役として登場、チョイ役でしたが雰囲気のある役柄でした。

ニーラ・ラスゴートラ(パーミンダ・ナーグラ/声・甲斐田裕子)

インド系イギリス人の医学生として登場、その後外科医となります。優秀ですが、患者とうまく接することが出来ず、自身の医師としての素質に悩みます。

いったんは医師をやめる覚悟もしますが、再びカウンティで医師として働くことに。冗談を真に受けたりして傷つくガラスの心の持ち主です。いつも受付のフランクに意地悪をされていると思い込んでいたところ、実はフランクが一番ニーラのことを陰では褒め称えていたことを知って、以降少し変わっていったように思います。

まじめな反面、同僚医師らと恋愛関係に発展することが非常に多い役どころです。

サマンサ・タガート(リンダ・カーデリーニ/声・安藤みどり)

愛称は「サム」。若くして結婚、出産、離婚を経験し、母親や妹とは長く会っていません。

糖尿病を患う息子アレックスと必死に生きていますが、前夫によって事件に巻き込まれたり、息子との関係が悪化したり、やっと出会えた恋人とも、母親としての自分と女としての自分をうまく両立できずに悩むなど、現代の女性像として考えさせられる役どころです。

アーチー・モリス(スコット・グライムス/声・渡辺譲)

シーズン10から登場する、赤毛で人をおちょくったような態度のキャラ。乳首が4つある(!)。
初期のモリス先生は、「ダメ男」として描かれることが多く、指示待ち人間、威勢は良いが口だけ、というどうしようもない男なのですが、シーズンが進むにつれ立派に成長していきます。

同僚医師たちが成長する中、1人何もできずにいるモリス先生に、病院を去るカーター先生が温かく声をかけるシーンはその後のモリス先生の活躍を暗示しています。

トニー・ゲイツ(ジョン・ステイモス/声優・東地宏樹)

シーズン12から登場し、ファイナルにかけてメインキャストになります。当初は救急隊員でしたが、その後医師としてERで活躍することに。自信に満ち溢れたキャラですが、実はハンディを抱えており、それを周囲に隠しているためにトラブルが頻発します。

戦友の未亡人と娘の面倒を見たり、好意を寄せる医学生と一夜限りの関係を結んだり、勘違いの優しさや、寂しさを紛らわすために他人の行為を利用するなど男としてどうなの?という一面も見せます。

はい、これがER緊急救命室のメインキャストとなっています。本当はもっともっと良いキャラクターがいるのですが、キリがないのです、それほどまでに、個性の際立つキャストが目白押し。

チョイ役で有名俳優が出演していたり、有名になる前の女優、俳優が出演していたり、登場人物全てにおいて抜かりがない。そんなところも、ER緊急救命室の魅力と言えるでしょう。

ER緊急救命室を無料で視聴してみる
(※U-NEXTは31日間の無料お試し期間あり)

ER緊急救命室の見どころ

人の成長を感じる素晴らしさ

なんといっても、登場人物が成長していく過程を描き切ったドラマである点です。

群像劇はたくさんありますが、数年にわたって人が交差し、喜びや悲しみを共有しながら成長していく姿をここまで表現しているドラマは多くないでしょう。日本でいうと、倉本聰さんの「北の国から」に近い感じです。

それが、医療という過酷で厳しく、狭い現場が舞台ですから、余計にわかりやすいのです。

医師としてだけでなく、人として、親として、悩みながらも結果はどうあれ決断していく強さ、これはどのキャストもそれぞれ描かれています。

ハッピーエンドだけではない、だからこそリアル

長いシーズンの中で、背景に一本の柱となるストーリーがあるのとは別に、毎回そこで完結するストーリーも合わせて描かれます。

それらは時に、理不尽で不愉快な終わり方をするものもあります。たとえば、死人に口なしで加害者が被害者のふりをして助かったり、幼児虐待を行っていた親を見抜いていながら子供を引き離せなかったり、DV被害者の女性を救えず、あげく加害者にしてしまったり、「えぇ!?こんな終わり方?!」とぼうぜんとしてしまうエピソードも少なくありません。

しかし、だからこそ現実味があるというのも事実で、そういった部分も人気を支える大きな要因ではないかと感じます。

こんなところにあの人が!有名俳優が目白押し

ERが放送開始になったのは1994年です。その後15年にわたって放送されましたから、その間に有名になった俳優さんが多くいます。

有名どころでは、ER緊急救命室に出演するおよそ10年前に、トップガンでトム・クルーズの親友役を演じた、グリーン先生ことアンソニー・エドワーズです。トップガンの時は確か髪もふさふさだった気がしますが、その妻役も当時駆け出しだったメグ・ライアンでしたね。

ベントン先生役のエリク・ラ・サルも、先述の通り「星の王子 ニューヨークへ行く」でエディ・マーフィー演じる主人公の弟役でしたが、さほど知名度があったわけではないですね。

このER緊急救命室に出演したことで、その後の俳優人生の道が拓けたのは、なんといってもダグ先生役のジョージ・クルーニーでしょう。

今でこそハリウッドスターの地位を確実にした彼ですが、ER緊急救命室のオーディションがダメだったらば、田舎に帰る気でいたそうです。

ゲストとしては、ユアン・マクレガーの出演が有名ですが、それ以外にも名子役として名を馳せたダコタ・ファニング、「チャーリーズエンジェル」「エレメンタリー」に出演したルーシー・リュー、「セックスアンドザシティ」のミランダ役、シンシア・ニクソン、スリラー映画「SAW」のジグソウ役のトビン・ベル、さらにCSI科学捜査班のキャサリン、サラ、ニックもそれぞれ出演しています。面白い所では、ビリー・ザ・ブートキャンプのビリー軍曹も出てます。

このように、思わぬところにあの俳優、女優さんが!という発見があるのも、長い歴史を持つドラマならではの面白さですね。

ER緊急救命室を無料で視聴してみる
(※U-NEXTは31日間の無料お試し期間あり)

ER緊急救命室を視聴できる動画配信サービス

さすがに15年の歴史を持つドラマだけあって、まとめてみると長くなってしまいました。

長いシリーズのドラマは、敬遠しがちな方もいるかもしれませんよね。

超人気ドラマですので、WOWOW、ディーライフ、スーパードラマTVなどで頻繁に再放送が行われています。

動画配信サービスでは、シーズン途中から期間限定の配信などがdTVHuluU-NEXTなどで配信されることもあります(不定期)。

AmazonプライムTSUTAYA TVでPPVとしてみることも可能です(が、割高感は否めません)。

とりあえず見ようかな、と思われる場合は、主要キャストが入れ替わるシーズン5~、シーズン9~、シーズン12~あたりが見始めるのに良いでしょう。

でも、きっとすぐにシーズン1からみたい!と思ってしまうほど魅力的なドラマです。

さまざまな人間が成長し、人を愛し、そして決断して新たな人生を切り拓いていく、ER緊急救命室をぜひ、ご覧くださいね。

海外ドラマを見たい人におすすめの動画配信サービスはこちら
スポンサーリンク

シェアをお願いします。