1. ホーム
  2. 国内映画
  3. ≫【動画】共喰い 小説とは違うラストをどう捉えるか?菅田将暉主演

【動画】共喰い 小説とは違うラストをどう捉えるか?菅田将暉主演


(出典元:U-NEXT)

いまや若手俳優という言葉がそぐわないほどに実力のある俳優・菅田将暉。

自分が出演する場を固定せず、ドラマや映画、CM、歌手活動、内容もシリアスなものからコメディまで本当に幅広く活躍できる俳優さんですね。

その彼が、オーディションで勝ち取った映画があります。「もらっといてやる!」で話題になった、田中慎弥原作で芥川賞受賞作品の「共喰い」がそれです。

昭和の終わりの年、戦後の開発からも取り残された地方都市のある街に暮らす高校生が、自身が受け継いだ「血」について葛藤する姿を深く深く描いたこの小説。もとは短編小説ですが、映画では監督と脚本化による「小説のその後」をプラスした仕上がりになっています。

原作者をも、うならせたそのラストはどんなものだったのでしょう?「共喰い」映画、小説ともにネタバレとなりますので、ご注意ください。

無料トライアル!もらえるポイント利用で無料で視聴できる
共喰いを無料で視聴してみる
(※U-NEXTは31日間の無料期間あり)

共喰いを視聴できる動画配信サービスはこちら

<予告>

スポンサーリンク

共喰いのあらすじ


(出典元:(C)田中慎弥/集英社・2013『共喰い』製作委員会)

舞台は昭和63年の地方都市。濁った川が流れるその街で、高校生の遠馬(菅田将暉)は、父・円(三石研)とその愛人・琴子(篠原友希子)と暮らしていました。母親(田中裕子)もいますが、家を出て川向で魚屋を営んでいます。母は、幼いころ空襲で左手首の先を失ったため、魚や特注の義手をつけていました。

遠馬には、千草(木下美咲)という恋人がいて、近くの神社の神輿蔵でデートを重ねています。ふたりは体を重ねる仲でしたが、遠馬には常に付きまとうある「恐れ」があったのです。


(出典元:(C)田中慎弥/集英社・2013『共喰い』製作委員会)

父親の円は、非常に性欲が強く、妻以外にも常に複数の女性と関係を持っており、それを隠すことすらありません。母親からも、遠馬は常に父親の性的な面とともに、「性交時に暴力を振るう」ことも聞かされていました。遠馬は、その性的趣向が自分自身にも受け継がれているのではないか、と恐れていたのです。

ある時、同居している琴子から「円の子を妊娠している」と告げられます。動揺した遠馬は、千草と会った際に嫌がる千草に暴力的な行為をしてしまいます。さらに、父親・円の別の愛人とも関係を持ってしまい、その愛人にも暴力的な行為をしますが、後日それを知った父親・円に喜ばれます。

不愉快に感じた遠馬は、同居している琴子がこっそり出ていってもう戻らないということをバラしてしまうのです。


(出典元 You Tube)

激昂した父親・円は、琴子を探しに家を飛び出します。その日は夏祭りの当日でしたが、雨のため中止となっていました。数日前に、あれ以来疎遠になっていた千草が「夏祭りの日、神社で待っている」と言っていました。そこへ、近所の子どもたちが血相を変えて駆け込んできましたが要領を得ません。遠馬は嫌な予感を覚え、雨の中神社へと向かいます。

途中で出会った父親・円の言葉、神社で倒れて起き上がれない千草。すべてを知った遠馬は千草を連れて母親の元へ行きます。
話を聞いた母親は、「千草ちゃん、この子のこと、よろしゅうね、もう大丈夫じゃけね、琴子さんも、腹の子も。」と告げ、ひとり闇夜の街を歩きだします・・・

<予告>

無料トライアル!もらえるポイント利用で無料で視聴できる
共喰いを無料で視聴してみる
(※U-NEXTは31日間の無料期間あり)

共喰いの見どころと感想

女は弱く、しかし何よりも強い


(出典元:(C)田中慎弥/集英社・2013『共喰い』製作委員会)

主演は菅田将暉です。作品の背後には、大人となった遠馬の語りが入っていますし、基本的に遠馬の視線で描かれています。

しかし、実際の主役は、実は遠馬の母親・仁子(田中裕子)であり、千草であり、愛人・琴子であったように思えてなりません。

女を性の対象、暴力の対象としかみていない円という男と、それを嫌悪しながら結局自分で決着もつけられなかった遠馬。


(出典元:(C)田中慎弥/集英社・2013『共喰い』製作委員会)

反面、女たちはどうだったでしょうか。虐げられているように見えて、実はまったく怯えていませんし、千草にいたっては結果的に円に最大の復讐を行います。遠馬を利用する形で。

愛人・琴子も強かでした。その生き方を良しとしたいわけではなく、見終わった後にもう「女は強い」しか感想が出てこなかったのです。
女は穢れ、そういったシーンもいくつか出てきますが、彼女たちはそれを表面的には受け入れることで、男たちをやり過ごす手段にしているわけです。

全てを諦め、受け入れていながら(いるように見せかけて)、最後は女たちが勝つ、それこそが隠しテーマだったのかなと感じました。

菅田将暉のすさまじさ


(出典元:(C)田中慎弥/集英社・2013『共喰い』製作委員会)

当時、二十歳そこそこであった彼は、オーディションを受けてその役を勝ち取り、見事第41回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞しています。

実際、あどけなさの残る顔で演じた遠馬は、「よく親が許したな」と心配してしまうほどすさまじい役どころでした。女優とのいわゆる濡れ場というものも多いですし、そもそも話が性、暴力、怒りといったことがテーマですし、昭和の終わりという混沌としたあの時代を知らない世代でもある彼が、ここまで演じきれたことには感動すら覚えました。

彼の最近の作品しか見ていない方には、是非、「共喰い」での菅田将暉を見てほしいと願います。

昭和のあの日、あの時


(出典元:(C)田中慎弥/集英社・2013『共喰い』製作委員会)

私は昭和49年の生まれですので、この映画の遠馬や千草とほぼ同世代と言えます。

映画の舞台となった街は、戦後の高度成長や再開発とは無縁の地で、いわばそれらから撥ねられた人たちが集まって出来上がったような街です。

生活排水垂れ流しのどぶ川を、あの独特の臭いを、今の若い世代は知らないかもしれませんね。
小説になると、それ以外にも多くの昭和をほうふつとさせる場面、出来事がさらりと書かれています。

映画でも、仁子が捌いた魚のアラを、当たり前のようにそのどぶ川へ捨てるわけですが、今では考えられないですよね。


(出典元:(C)田中慎弥/集英社・2013『共喰い』製作委員会)

他にも、狭い家の中で父親と愛人がふすま一枚向こうで行う知りたくないこと、携帯のない時代だったからこそ起こった悲劇、廃墟寸前のアパートに住む得体のしれない住人、息子に淡々と自身の「女の部分」を語って聞かせる母親、どれもこれも目を背けたいような話ですが、あの時代、今よりもこんな話は山のようにありました。

しかし、少なくとも私には、そのどれもが目を背けたくなる半面、懐かしく心をくすぐられるような感触さえ感じてしまいます。
昭和の終わりの、独特なあの雰囲気が、非常によく出せていたと思います。

原作にはないラストをどう見るか


(出典元:(C)田中慎弥/集英社・2013『共喰い』製作委員会)

物語の中盤、千草が遠馬の父親に暴行される場面があります。その後、母親・仁子の魚屋へ行った遠馬と千草でしたが、仁子がひとり出て行った後、探しに行った遠馬が殺された父親・円をみつけ、直後に暗闇で「ポコン」という音を聞くシーンがクライマックスとなります。

その後、仁子と面会する場面で小説は終わります。そこから後のシーンや、拘置所で話した「あの人」のこと(※後述)などは小説では描かれておらず、映画を作るにあたって監督と脚本家による創作となっています。

このラストについては小説を読んでいる人の中では賛否両論あるとのことで、実は私も「いらなかったんじゃ・・・」と思った一人です。


(出典元:(C)田中慎弥/集英社・2013『共喰い』製作委員会)

たしかに、このラストを書き足したことで、性と暴力、怒り、そういった人間の本能、ドロドロとしたヘドロのように渦巻くものが主体となっていたものから、「昭和という時代が終わる瞬間」みたいなものまで描けたとは思います。

しかし、それによってかえって「昭和の時代特有のグロテスク感」が醒めてしまったと思うのです。

物語の中心に描かれる象徴的な「どぶ川」は、まさに昭和のグロテスクを集約していました。それでよかったのにな、と思うのですが、原作者の田中慎弥氏は、このラストを絶賛されているとのことなので、小説「共喰い」の世界観は崩れていないということなのでしょう。
どちらも見ていなければわからない部分ですが、皆さんはどう見るでしょうか。

無料トライアル!もらえるポイント利用で無料で視聴できる
共喰いを無料で視聴してみる
(※U-NEXTは31日間の無料期間あり)

共喰い、ネタバレあり!拘置所で語られる「あの人」とは?

さらに、小説には全くなかった部分がこれです。

拘置所で面会した仁子は、唐突に「あの人…血ぃ吐いたんやちね」と言いはじめます。「あの人?」よくわからずに遠馬が聞き返すと、それは最近ニュースで朝から晩まで報道されている、「昭和天皇のご容態」のことでした。

恩赦にも話が及びましたが、仁子が一番思っていたのは、「あの人より先に死にとうない」ということでした。

仁子は、戦争で左手首を失っているため、「あの人が起こした戦争でこうなったんだから、せめてそのくらい(恩赦)してもらわんと」とぽつりと言います。

はっきり言って、この部分が追加されたことでこの作品は原作と全く違うものになったと解釈しています。

あまりに大きすぎる題材であるため、一気にある特定の思想に基づいたプロパガンダ映画のように見えてしまったのです。もちろん、そんな意図はないと思いますが、人によってはゲンナリしたとしても不思議はありません。

共喰いを視聴できる動画配信サービス


(出典元:(C)田中慎弥/集英社・2013『共喰い』製作委員会)

甘いマスク、今どき感満載の菅田将暉が、ゴツゴツの演技で魅せた「共喰い」。

このような力のある映画は、近年稀ではないでしょうか。もっと昔の、たとえば大島渚監督、新藤兼人監督のような、見るものに有無を言わせぬような何かを持っている、そんな、畏れにも似た感想を抱きました。

一部原作と離れた部分については賛否両論ありますが、小説とも比べながら見るとなお良いと思います。

現在、U-NEXTビデオマーケットなどで個別課金にて視聴可能です。菅田将暉主演ということで、地上波は難しいと思われますが、BSなどでもよく再放送されています。

かなりどぎついシーンも多いですが、それらも含めて「圧巻」な作品であることは間違いありません。


共喰いの他、人気映画やドラマを視聴できる動画配信サービスをまとめてみました。(いずれのサービスも無料お試し期間を設けています。)

31日間の無料期間あり!最大4人まで同時視聴OK
U-NEXT
5
月額料金1,990円
無料期間31日間
配信数12万以上
U-NEXT

・動画の他に雑誌やコミックも読める。
・最大4人まで同時視聴が可能。
・ドラマも映画も最新作に強い。
・毎月付与されるポイントは映画館でも使える。

月額500円で安い!
dTV
4.8
月額料金500円
無料期間31日間
配信数12万以上
dTV

・月額500円で料金が安い。
・昔の映画やドラマの配信が多い。
・ミュージックビデオ、ライブの配信が多い
・ダウンロード機能があるのでWiFi環境がない場所でも楽しめる

2週間無料お試しあり!追加料金なしで見放題
Hulu
4.5
月額料金933円
無料期間2週間
配信数4万以上
Hulu

・完全定額制で配信されているサービス全て見放題。
・海外ドラマの作品が豊富。(吹き替え版もあり)
・パソコン・テレビ・スマホ・タブレット・ゲーム機など複数のデバイスで登録OK!
・登録デバイス数に制限なし。

4
TSUTAYATV
TSUTAYATV
3.8
月額料金933円
無料期間30日間
配信数10,000本(うち見放題は2,000)

・宅配レンタルとの合わせプランで新作をいち早くチェックできる。
・ホラー映画の配信が多い
・2倍速再生で内容をチェックできる。

5
Amazonプライムビデオ
Amazonプライムビデオ
月額料金325円
無料期間30日間
配信数25,000本

・年会費制だが月額にすると一番安い。
・Amazonアカウント1つにつき25本までダウンロード可能。
・Amazon付帯のサービスが充実

スポンサーリンク

シェアをお願いします。