1. ホーム
  2. 国内映画
  3. ≫私の男のあらすじ・ネタバレ・感想!タブーにどこまで向き合えるか?

私の男のあらすじ・ネタバレ・感想!タブーにどこまで向き合えるか?


(出典元:(c)2013「私の男」製作委員会)

世の中には、タブー(禁忌)とされることがいくつかあります。

その中でも、法律上も倫理上もタブーとされているのが、いわゆる近親愛というものです。

それは親が子供を慈しむ、というレベルでは当然なく、親子や兄弟という血縁上も近しい間柄にありながら、恋愛感情、性的な感情を抱いてしまうということを指すというのは、説明するまでもないでしょう。

現実世界ではたとえあったとしてもなかなか表に出てこない話ではありますが、文学の世界では時にテーマの一つとして描かれることがあります。

今回ご紹介するのは、桜庭一樹原作、直木賞受賞作にもなった同名小説を映像化した「私の男」です。

禁断の愛とそれに翻弄される人々と罪を描き切った秀作です。

私の男を無料で視聴してみる
(※U-NEXTは31日間の無料期間あり)

私の男を視聴できる動画配信サービスはこちら

私の男、あらすじと登場人物


(出典元:(c)2013「私の男」製作委員会)

奥尻島を襲った北海道南西沖地震で、津波にさらわれた花(二階堂ふみ)は、九死に一生を得ます。

9歳で家族を亡くした花は、現れた親戚の男・腐野淳悟(浅野忠信)に引き取られ、一緒に暮らし始めますが、淳悟は花の実父でした。

中学生になった花は、仕事で家を空ける淳悟がいない間もひとり古びたアパートに暮らし、淳悟が仕事から戻るのを心待ちにしていました。

淳悟には小町さん(河合青菜)という恋人がおり、小町さんと花も表面上は仲良くしていたものの、花のどことなく「女」を感じさせる振舞に、小町さんは花を好きになれません。


(出典元:(c)2013「私の男」製作委員会)

淳悟と花を見守ってきた大塩さん(藤竜也)も、ふたりのただならぬ雰囲気を気にしてはいたものの、2人を家族にした張本人であるためその疑念を振り払いながら日々暮らしています。

しかしある時、大塩さんが腐野家を訪ね窓から見えた光景は、花と淳悟のあってはならない愛のカタチでした…

大塩さんに淳悟との関係を質された花は、大塩さんを流氷の海へ誘います。そして、その流氷の海から戻ったのは、花だけでした。

仕事を得るため町を離れた淳悟と花はひっそりと暮らしていますが、大島さんの件故郷の刑事(モロ師岡)が訪ねてきて…

私の男を無料で視聴してみる
(※U-NEXTは31日間の無料期間あり)

<予告>

私の男、見どころ・感想

私の男は非常に重いテーマの作品ですが、海外でも評価は高く、原作、映画ともに質の高いものとなっています。

間違えればただの気持ち悪さしか残らないテーマではありますが、成功のカギはどこだったのでしょうか?

小道具の効果的な使い方と臨場感


(出典元:(c)2013「私の男」製作委員会)

「私の男」のとあるシーンで、淳悟が刃物を振り回しますが、実はこの時の包丁は途中まで本物だったそうです。

監督のアイデアだったのですが、演じる浅野忠信さんも了解し、途中まで本物の刃物でもみ合ったと。それで、非常に緊張感のあるシーンがとれたのだそうです。

また、幼い花が大きなペットボトルを抱えるシーンがあるのですが、実はこのペットボトルも深い意味を持つ小道具です。原作を読んでいる人は気づいたと思いますが、読んでいない人も何かを感じたのではないでしょうか。

抱えて離さないもの、ペットボトル、それが淳悟と花にとって「俺のもんだ」「私のもんだ」というセリフにつながるのです。

はっきりと作中では明かされませんが、そういうつながりが無意識に見る人に入り込んでいくように効果的に使われているのですね。

二階堂ふみ、という絶妙な女優


(出典元:(c)2013「私の男」製作委員会)

私の男の主人公の一人である花は、設定上中学~20代前半を演じる必要があります。その中でも、思春期の10代の少女を、難しい演技をする必要がありました。

少女でありながら、大人の女性顔負けの妖艶さというか、そういった部分を持ち合わせていなくては原作の花を演じることは不可能です。

それを演じられるのは、たしかに二階堂ふみをおいてほかにないだろうな、と私も思います。

決して洗練された美人ではない彼女ですが、ぼってりとした鼻とくちびる、あどけなさの中にも鋭さのある瞳、髪型ひとつで田舎の垢ぬけない子供になり切れるのは演技力以前に天性のものです。

もちろん、その演技力も潔く、子どものはずなのにそうでないような、「エスター」に通じる不気味さをしっかりと表現していました。

しびれるセリフ


(出典元:(c)2013「私の男」製作委員会)

私の男…冒頭しばらくして、幼き日の花が震災後に淳悟と暮らすことになり、ふたりは車で移動します。

その車中、震災当日のことを思い出した花は、父(竹原ピストル)の背中を思い出して号泣します。その花の手を握り、「今日からだ、今日からお前のもん(モノ)だ」そういうのですが、このシーンで心臓射抜かれた人は少なくないはず(笑)。

飾ってもいない言葉ですが、だからこそストレートに伝わりますよね。

先の淳悟の言葉を受けて、数年後に花は、大島さんに問い詰められ「全部、私のもんだ」と返します。

神様が許さないという大島さんに、「私は許す!」と。

原作が直木賞ですので力のある作品であることに間違いはないのですが、ところどころ「他で聞いたことがない」ようなセリフがあります。テーマの深さに劣らない言葉の選び方はさすがだと思いますね。

篭絡されていくのはどちらか


(出典元:(c)2013「私の男」製作委員会)

年齢の問題でいえば、父親が娘をいいように・・・という風にとらえられがちですが、実際は逆です。

淳悟は当初から花をいわゆる自分好みに育て上げるといった感情があったのではなく、単純に「家族」を得たかった男でした。

しかし、花はその淳悟の内に秘めた寂しさを見抜いていました。幼いながらも、淳悟が欲しいもの、本当に欲しいものをわかっていました。
そして、それに自分がなろう、自分しかなれないと思ったのでした。たとえ実の娘だったとしても。

花が成長するにつれ、淳悟は離れられなくなります。反対に、花は同世代の男性と付き合い、婚約し、そのうえで淳悟との関係も続けます。
花の成長の時間の流れとともに、堕ちていく淳悟が対照的で何とも言えない息苦しさを覚えます…

きれいごとを一切排除した潔さ


(出典元:(c)2013「私の男」製作委員会)

近親愛というテーマに限らず、犯罪や倫理的に問題とされるテーマ、たとえば加害者の視点での構成や実際にあった事件をもとに作られたものなどは一歩間違えると批判にさらされます。

最近でも、誘拐をテーマにしたドラマが批判され放送中止になりました。それを避けるために、多くのそのような作品はどこかに正義を盛り込んだり、「そうするしかなかった」というような落としどころをとってつけたりしがちです。

この「私の男」がスゴイのは、そのような免罪符が一切見当たらないということです。

ひたすら、ただひたすら、花という少女とその実父が欲望のまま堕ちていく、さらには二人を邪魔するものを容赦なく消していくという、共感性ゼロの話です。

事実、直木賞の選考委員・林真理子氏からは「薄汚い」と酷評でした。

しかし、それをも上回ったのが、どこまでもただ「近親愛」のみを描き切った潔さだったのではないでしょうか。

他人の感情や、見る者の感情など一切無視、とにかく花と淳悟のストーリーで仕上げたことは、評価に値すると言えます。

被害者の存在をどう捉えるか


(出典元:(c)2013「私の男」製作委員会)

この作品(私の男)は、まぎれもなく父と娘の近親愛を描いたものです。

それゆえに、舞台挨拶の際、観客の一人から「近親相姦の被害に遭ったものにすれば、美化されているように思える」と言われたそうです。

それについては、主演の浅野忠信、監督の熊切和嘉氏からはそうではない(当たり前です)という趣旨の意見が出されました。

先にも述べましたが、確かに事件や法や倫理に反することをテーマにすると、どうしても被害者の存在というものが出てきます。自信と重ねてしまって苦しい思いをしてしまう人がいるというのも事実で、それは黙殺して良いというわけではないですよね。

しかし、大変難しいことですが、それらを全て封印してしまうと古くからのものを含め、名作と呼ばれるものの中には発禁になってしまうものも少なくありません。


(出典元:YouTube)

「私の男」は確かにそういった危険性のある作品ではありますが、それをわかった上で嫌悪感を含めたもろもろの感情を呼び起こさせる力のある作品です。

私の中で駄作とは、「何の感情も生まれない」ものであると考えていて、少なくとも激しい嫌悪感を生み出させるこの「私の男」は、評価されるべき作品であると思っています。

ちなみに原作者の桜庭一樹氏は女性です。これが男性の原作者であったら、書けなかったか、書けたとしてもただのポルノ小説にしかなっていなかったのではと感じます。

私の男を無料で視聴してみる
(※U-NEXTは31日間の無料期間あり)

私の男を視聴できる動画配信サービス

<特別映像>

見る人によってはその衝撃が強すぎると感じるかもしれない「私の男」。

内容がハードですので、主演の二階堂ふみが18歳になるのを待ってから撮影されたとも言われています。

北海道を舞台とした作品は、広大な自然に抱かれた心温まる作品も多いですが、「海炭市叙景」「そこのみにて光輝く」「海猫」「日本で一番悪い奴ら」など、都市が抱える事情や負の面を取り上げた厳しい作品も少なくありません。

この「私の男」も、設定上、北海道沖の地震が絡んでいますが、なにも北海道でなくても成り立つストーリーです。

しかし、北海道であることで、さらに鬱々とした情景や厳しさのようなものも画面を通して感じることが出来ているのではないかと思っています。

未見の方は是非。不倫を描いた「昼顔」とは全く違う、真の禁断の愛をご覧ください。


私の男の他、人気映画やドラマを視聴できる動画配信サービスをまとめてみました。(いずれのサービスも2週間から1ヶ月の無料お試し期間を設けています。)

31日間の無料期間あり!最大4人まで同時視聴OK
U-NEXT
5
月額料金1,990円
無料期間31日間
配信数12万以上
U-NEXT

・動画の他に雑誌やコミックも読める。
・最大4人まで同時視聴が可能。
・ドラマも映画も最新作に強い。
・毎月付与されるポイントは映画館でも使える。

月額500円で安い!
dTV
4.8
月額料金500円
無料期間31日間
配信数12万以上
dTV

・月額500円で料金が安い。
・昔の映画やドラマの配信が多い。
・ミュージックビデオ、ライブの配信が多い
・ダウンロード機能があるのでWiFi環境がない場所でも楽しめる

2週間無料お試しあり!追加料金なしで見放題
Hulu
4.5
月額料金933円
無料期間2週間
配信数4万以上
Hulu

・完全定額制で配信されているサービス全て見放題。
・海外ドラマの作品が豊富。(吹き替え版もあり)
・パソコン・テレビ・スマホ・タブレット・ゲーム機など複数のデバイスで登録OK!
・登録デバイス数に制限なし。

4
TSUTAYATV
TSUTAYATV
3.8
月額料金933円
無料期間30日間
配信数10,000本(うち見放題は2,000)

・宅配レンタルとの合わせプランで新作をいち早くチェックできる。
・ホラー映画の配信が多い
・2倍速再生で内容をチェックできる。

5
Amazonプライムビデオ
Amazonプライムビデオ
月額料金325円
無料期間30日間
配信数25,000本

・年会費制だが月額にすると一番安い。
・Amazonアカウント1つにつき25本までダウンロード可能。
・Amazon付帯のサービスが充実

シェアをお願いします。